FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行っちゃったのね…

2月の末頃に天国に飛び立ったインコのくーちゃん・・・
でも、自分でも不思議なほどに悲しくなかった。

それは、心の中で「くーちゃん」と呼ぶと、
肩に乗っているような気がしたり
鼻を甘噛みしたりしているような感じがして
一緒にいてくれてるんだなぁ…って実感していて
そんなくーのやさしさに、心が温かくなっていたから。

でも、100ヶ日が過ぎた昨日、フッと気配が消えてしまった。
前のぴよが亡くなったとき、ものすごく取り乱したから
きっと心配して居られるだけそばにいてくれたんだろうなぁ。

そして、私が元気に暮らしていけてるのを見て
安心して本当に遠くに飛び立って行ったんだろうな。

いつも、クールな振りをしていたけど
本当の意味で、強くやさしい子でした。

呼びかけても感じられないくーちゃんの気配に、
改めてくーの本当の不在を感じて、
胸が痛いような寂しさを感じました。

今日は、1日眠り続けました。
途中で1回起きたけど、旦那さんが
「なんだか疲れてる感じだから、今日は寝なさい」と
言ってくれたので、そのまま布団に戻ってまた眠り、
次に起きたら夜の11時半でした。

あんなに眠ってから起きても、
やっぱり今日はさみしいです。
スポンサーサイト

She was flown to the Heaven

なぜかこの日は雲の写真をすごく撮りたくなって、何枚も空を撮りました。
家に帰ると、ずっとそばにいるように感じていた
愛する小鳥の気配が消えてしまっていました。
いろんな雲が漂う空は、絵画のように印象的でした…
雲① 2008年5月30日

雲② 2008年5月30日

雲③ 2008年5月30日

雲④ 2008年5月30日

雲⑤ 2008年5月30日

くーちゃん、天国へ(2)

くーが亡くなった翌日の早朝、

できる事なら、くーに飛ばせてあげたいと思っていた
広い空が見える緑豊かな秘密の場所に

旦那さんと2人でくーをお弔いしてきました。

その日の天気予報は雨でしたが、その時はまだ降っていませんでした。

その日、旦那さんには三輪大社から
郵送で頼んでいた厄年祈祷のお札が届きました。

私には、その日の午後に久しぶりに
母から元気な声で電話がありました。

きっとくーが自分が居なくなって寂しさから
私達が不安定にならないように
それぞれに対して配慮してくれたんだと思います。

くーはいろいろ分かっている子でしたから…

くーが居なくなって寂しいけど、
それを受け止める強さもくーが教えてくれました。

だから大丈夫(^-^)
結構落ち着いています。

今も「くーちゃん」って呼んだら、
いつもみたいにチラッとこちらを見そうな気がして
ふと、寂しく感じます。

でも、イジイジしてたらくーに怒られちゃうから、
ご飯もしっかり食べて、元気に過ごします(^-^)

くー、本当にありがとうね。

カゴなどを整理しながら
「いずれ、また新しい子を迎えてもいいかな…?
くーは寒い時に飼い始めて、体を弱くしてしまったから
今度は、温かくなった頃にヒナから飼って
丈夫に育ててあげたいな…」
と、旦那さんに言ったら

「それもいいかもしれないね…」
と、静かに答えてくれました。

我が家は夫婦+小鳥で
家族って感じですから…

では、いつも私が寝る時に、くーに言ってた
おやすみなさいの挨拶で
終わろうと思います。

「くー、ちっちゃいけど、おやすみなさい(^^)」

※写真1
 「なぁに?」なくーちゃん
20080306110836

※写真2
 くーから見える風景
20080306110839

※写真3
 以前、くーの羽を入れて作った万華鏡より
20080306110841

くーちゃん、天国へ(1)

初七日も過ぎ、
気持ちが落ち着いてきたので、
悲しいお知らせをします。

くーが2/25のよく晴れた温かい日のお昼頃、
天国へと旅立ちました。

6才と4ヶ月でした。

25日のお昼頃、くーの両足が伸びきって急に動かなくなり、
何とかしようと羽ばたいているのを見つけ、
慌てて出来るだけの介抱をしましたが、
卵巣膿腫も末期だった事もあり効果は無く…

最後はくーを両手で包み込んで、寒くない様にこたつを強にしてその手を入れて、
温めながら静かに話しかける続けました。

そしてくーは、私の手の中で眠る様に
静かに天国へと旅立ちました。

ちょうど昼休み頃に起こったので、旦那さんに

「少しだけ帰って、くーに顔を見せてあげて」
と電話したけど、

「今は忙しくて帰るのは難しい」との事でしたが、
昼休み後のミーティングのすぐ後に帰ってきました。

でも残念ながら、死に目には間に合いませんでした。

きっとくーは、大好きな旦那さんには
死に際は見せたくなかったんだろうね。

くーは、旦那さんとは土日を一緒に過ごせて、きっと満足していて、
最後の看取りは、私にさせてくれたのだと思います。

旦那さんは
「体が弱かったのに、今までよくがんばりました」
と涙をこぼしていました。

しばらく2人?きりにさせてあげたら、
ソファーに座って放心状態で過ごした後、
忙しい時期の為、仕事に戻って行きました。

くーは長い間、卵巣膿腫を抱えていて
去年の夏頃には、30度以上で常に保温しないと
体調を崩すまでになっていました。

その時点で旦那さんと、くーの今後について考えました。

病院の検査のストレスで死にかけた事があるくーにとっては
病院通いはかなり辛いものになる事、

私達も自分の体調や精神状態の維持が精一杯で
くーを通院しきれない状況である事を考慮し、

家で極力QOLを大切に
くーが旅立つ日まで
見守ろうと決めました。

最近、お腹の膨らみが大きくなってきていた為、
少し前から看取りの覚悟は着いていたので、
比較的落ち着いて受け止められていますが、

「前日は温度計をつっついて遊んだりしていたのになぁ…」
なんて、ふと思います。

2月の初め頃に、くーに

「私、きっともう少しで元気になるから、
 もう少しだけそばにいてね」
と話しかてけていたので

食も細くなって、すごく痩せてきてたけど、
気力でその日までがんばってくれたんだと思います。

くーは、本当によく頑張ってくれました。

あまり苦しまずに旅立ててよかった(^-^)(:_;)

くーは雛の時に病気をしてガリガリに痩せて
小鳥のお医者さんからも
「命の保証はできない」といわれるくらい弱った所から、
旦那さんの会社に連れて行ってまでの献身的な看病で、
一命を取り留めた子でした。
(私は看病の途中で倒れて
実家に帰って休むしかない状態にまでに
なってしまっていました)

くーはそれからも、体は弱いけど心は強く、
何度も命の危機に陥りながらも生還してきました。

そんな姿に、私達は大切な事をたくさん教えてもらいました。

くーと一緒に過ごした6年4ヶ月は、
私達に夫婦にとっても、試練の連続の時期でした。

お互い好きだけど、
一緒には居られないのではないか…
何度かそんな局面に立たされました。

そんな私達を見守り、懸け橋になってくれたのは
紛れも無く、くーでした。

辛い時期、母や友達に対して、電話では泣いても
心配を懸けてしまうとの思いと、
それぞれに抱えるモノがあるし…との思いから
人に直接、本気の涙を目の前で見せる事はほぼ無かった。

絞り出すように号泣する姿を見せる事ができたのは、
私にとって、くーだけでした。

今では諸問題もが片付き、
夫婦も無事、円満に戻り
旦那さんも私も元気になってきました。

くーは、そんな最近の私達を見て安心して、
やっと安らかに眠りにつけたのかもしれません。

くーは、私達が元気に暮らせる様になるまでは…と、
がんばってくれたんだと思います。

私達はくーと暮らせて、とても幸せでした。

くーも、私達との暮らしを、
幸せに感じていてくれてたらいいなぁ…と
思います。

くー、本当にがんばってくれたね。

ありがとうね。

ペットの愛情

昨日、チュートリアルが出るというので
TV『学校へ行こうMAX』を見ました。

最初は予想外にも、スピリチュアルカウンセラーの江原啓之さんが
看護学校に行って、生徒の悩みを聞くと言うコーナーでした。

個人の悩み相談の前に、まずは、クラスに訪問して
代表的な質問に答える事に。

その中のの質問の1つに
「1年前に死んだペットの猫の命日に、
その子の首輪の鈴の音が聞こえた」
という心霊現象があった話が出ました。

江原さんの解答は、こうでした。

動物は愛された分を返そうとする。

100%愛されれば、100%返そうとしてくれる。

あなたのメソメソ泣く気持ちを汲んでくれてたんだね。

家族だもんね。

その子は今もあなたの事、忘れてないよ。

その子は、あなたの人に言えない悩みの
話し相手だった子だったんだね。

常に側にいて、心配してくれてるよ。

それを聞いて、
「ああ、くーが見せてくれた…」
と思いました。

皆さんに、落ち着いたら話すつもりだった
悲しいお知らせを話す時が来たようです…

折り紙くーちゃん

20080228150928
以前、折り紙がしたくなって買った本を見て
折り紙くーちゃんです。
上手に出来たので、TVの横に置いてます(^^)

常夏くーちゃん

20071218094857
まったり元気なくーちゃんですが
寒いのが苦手で寒くとすぐ体調を崩しちゃうの

実は体が弱い子なので最近は手作りの温室で
常に30度以上で過ごしてます

くーのお家だけ常夏なのです

ヘナ初挑戦

髪の毛は少し茶色にカラーリングしています
でも、このカラーラングって体に悪そう…
美容院でカラーリングを受けた夜は
毎回寝変な汗をぐっしょりとかくので
悪いもの入れちゃってるなぁって体で感じます

でも、髪が黒々とすると顔のつくりとのバランスでもっさりする
髪の毛って顔の額縁だから色の印象も大きいから
やっぱりちょっと髪は明るい色にしたい

ということで、前から気になっていた
ヘナで髪を染めてみました

自然食品や漢方を扱っている薬局に行ったら
ヘナ100%でペーストになってるのを見つけたので購入
家に帰って汚れてもいいTシャツに着替え、
さらにごみぶくろをマントのように首にくくって
服を汚さぬ万全な体制を整えて、いざ、初ヘナ!

髪につけた瞬間「これって、ほぼ泥やん…」って感じ
ペーストでありながらちょっとザラザラした感じ
母の白髪染めのイメージがあったから
トロンとしたなめらかなペーストだと思っていたのですが
櫛やブラシでとかしながらできる感じではないのね

それでもペッタペッタと髪にしっかり塗りつけて
ラップ&シャワーキャップでしっかり頭を包んで待つこと1時間!
ヘナを洗い落として、髪を洗って乾かして完了

色づきは少し赤い感じの茶色になったかな?
美容院でするように色が変わった感はないのですが
まぁ、よしとしましょう

ヘナでの髪染めはやはり自然なものだったので、
その夜は寝汗をかくことはなかったです

ゴルフ中継にて

旦那さんがゴルフをするので
日曜日の午後はテレビでゴルフ中継を見ることが多い

私はゴルフはしないけど
緑の芝生がきれいな静かな自然の中で
静かに行われるゴルフの様子が結構好き
淡々と動いていくものを眺めているのも好きなので
ポケ~としながら一緒に見てます

最近は、5月の気持ちのよいシーズンで
ゴルフ場の静かな景色の中から
ホーホケキョ!とうぐいすの声がよくひびきます

鳥の声が聞こえたら、お答えしちゃうのがくーちゃん
画面から聞こえるホーホケキョに対して
ヒヨーッ!ヒヨーッ!と元気にお返事する

当然、相手のウグイスには聞こえないから
くーの声に返事する鳴き交わしにはならない

そうなると「わたしの声、聞こえてますかぁ~っ!」と
ヒヨーッ!ヒヨーッ!とさらに大きな声で鳴く

「くーちゃん、そんなに鳴かないの
 テレビのウグイスだからお返事ないから」とさとしますが
当然ですが、よく分かっていないのでしばらく鳴き続けます

これが、画面からウグイスの声が聞こえるたびに繰り返されます

かわいいですが、うるさいです(^^;)

ぽんちょこりんちゃん

週末の朝の冷え込みに体調を崩すも
保温しまくりで無事復活したくーちゃん
よかったよかった(^^)

今日は落ち着いた感じでまったりすごしているくーですが
なぜか頭の上に1枚羽がのっかったまま過ごしている
頭をかいたりもしているのに、それは取ってない
飾り羽みたいで内心気に入っているのかな?

前髪をくくっておでこを出す髪形のことを、
ちょっと幼くかわいい感じになるので
私はなぜか「ぽんちょこりん」と呼んでいる
くーのおしゃれ羽も、ぽんちょこりんでかわいいです
20070515162622

説教は眠いらしい

最近、料理の面白さに目覚めた旦那さん、
お休みのお昼ご飯はスーパーに材料を買いに行って
本で見たパスタを1つずつ挑戦しています

台所でカチャカチャやってる旦那さんの姿が
くー的にもかなりウキウキと盛り上がるらしく、
旦那さんの立てる音に反応してキョーキョー鳴きまくる

興奮しすぎると発情が促進してよくないので
「旦那さんがごはんを作ってる雰囲気が楽しいけど、
 興奮しすぎるのは体によくないでしょ…」
 と、くーに対して噛んで含めるように言い聞かせてみた

最初のうちは神妙な顔をして聞いていたくーだが
だんだんまぶたが重くなってきてウトウト居眠り

ま、仕方ないか。インコだし
そんなところもカワイイしね(^^)

くー姉さん

気持ちがドヨンとしてグズグズ寝ていると
先に旦那さんに起こしてもらってるくーが
ジョジョジィーピロロロピョーと
「暗いところでガサガしてないで
 明るいところに起きておいで」と呼びます

他の部屋でシクシク泣いていると
くーちゃんは何度もヒヨッ!ヒヨッ!フィッ!と
大きな声で「どうしたの!?」と呼びます

くーの目の前でシクシク泣くと
静かににチトッとこちらを見つめながら
そばにいてくれるのですが
ずっと泣き続けるとビビッ!と
お怒り鳴きで教育的指導されます

そんな時、くーは私より大人やなぁって思って
「くー姉さん」と呼びたくなります

くーちゃん体調崩す

昨夜、くーちゃんがちょっと膨んでいた
寝かせるために布をかけると23度ぐらいになる
温度としては普通なら快適なぐらいなので
一晩寝かせて様子を見る事にする

今朝布を取って起こしてみると
膨らんでいて、落ちているフンも少なめ
あまりエサを食べていない様子
エサを食べるもプップッと吐き飛ばしている
これは体調を崩してそのうも荒れてるな…

体調崩せば保温、これ小鳥の飼育の基本
(ラップ調に韻を踏んでみました)

ということで、体調崩した時の保温用の
爬虫類用200Wの保温電球を取り付けて
30度ぐらいまでカゴの温度を上げて様子を見る事に20070410103838

温度を上げてしばらくすると膨らみも取れて、
落ち着いてエサをプチプチ食べ始めた
吐き飛ばしも治まって元気を取り戻した様子、よかったよかった(^^)
念のため、引き続き保温を続けて体調を見守る事にする

体調崩す時にどうすればいいかを理解しておく事は
その時に冷静に適切な対処をするのに大切なことだと
くーが体調を崩す度に実感します

内緒らしい

くーちゃんは基本おしゃべりしないインコ
でも、実はちょびっとだけしゃべります

朝、カゴにかけた布を取ってまだモーンと寝ぼけているくーに
「くーちゃん、くーちゃん」と呼びかけると
ネムネムな声で「クーチャン…」と答えます
でも、しっかり目が覚めたら言いません

病院に連れて行くときに毛布に包んで運んでいる時に
小さな声で「クーチャン」と言う事があります
でも、明るいところに出ると言いません

私が他の部屋で長時間カタカタ何かをしていると
微妙なインコ語で「○○チャン…」と私の名前を呼びます
でも、カゴの前にいるときはほとんど言いません
「○○ちゃん」と目の前で言ってみても言いません

おしゃべりできることは内緒みたいです

20070317152651
お昼寝明けでモーンなくーちゃん

くーのなかよしさん

前のエサ入れがボロボロになったので新しいのに交換しました
ところが新しいエサ入れを入れた直後から
ガッコンガッコン凄まじい音を立ててくーが破壊し始めた!
どうもエサを掻き出しにくいのが気に入らないかったらしい

1週間におよぶくーのDIYリフォーム(破壊活動)により
エサ入れは納得のいく形になったらしい
それからはいつもエサ入れの横にポッチリとまっていて
時々エサ入れを甘噛みしながらかわいい声でヒヨヒヨ鳴いています

このエサいれ、出っ張っているところが
くーが頭をかくのにちょうどいいようで
気持ちよさげにほっぺや後頭部をコリコリかいている
私がいくらでもコリコリかいてあげたいのに
触られるのがイヤってさしてくれないのに~(T^T)

くーがあまりに気に入っているので
エサ入れにシロちゃん(パーツが白いから)とあだ名をつけて
「くーはシロちゃんとなかよしなのね」
「シロちゃんで頭かいてるのね。気持ちよさそうね」
と、話しかけてしいます
20070222004018
くーとエサ入れのシロちゃん

Appendix

Profile

シロアジサシ☆

読書、散歩、昼寝、ペットのくーちゃんのかわいさを楽しむ、バードウォッチング、食べ歩き、バッチフラワーレメディ、シンプルでかわいいものチェックなど、日常の小さな事を楽しむ毎日を気ままに綴っています。

Extra

プロフィール

シロアジサシ☆

Author:シロアジサシ☆
読書、散歩、昼寝、ペットのくーちゃんのかわいさを楽しむ、バードウォッチング、食べ歩き、バッチフラワーレメディ、シンプルでかわいいものチェックなど、日常の小さな事を楽しむ毎日を気ままに綴っています。

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

サントリー愛鳥活動

オーラソーマ・タロット

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。