Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都の「はる」の使い方

数年前、東京出身の子と福井出身で京都就職経験のある子と
3人でおしゃべりしながら歩いていた時に
かわいい子猫がニャニャニャ~ンと鳴きながら歩いてるのを見かけて
「いや、かわいいにゃんこさんが歩いてはるわ」と言ったら
「えっ!ネコに尊敬語を使うの?」と東京出身の子に驚かれた
「かわいいな~って時にはそういう言い方するよ」と言ったら
福井出身の子も「うん、使うよ」と同意見
彼女が初めて出会う言葉の使い方にかなり興味を示したので
霞ヶ浦の湖岸に座って「はる」の使い方についてあれこれ話した時間は
今も思い出すたびに笑顔になっちゃう楽しいひと時でした(^^)

他の地域の方には関西弁ってひとくくりにされるけど、
京都と大阪では細かい言葉の使い方が微妙に違う
先日、「勝手に関西世界遺産」という本を立ち読みしたら
関西弁でよく使う、めっちゃ便利な尊敬語「はる」を
大阪では京都みたいにかわいい時などには使わないと書いてあって
ああ、こんな所でも京都と大阪の言葉は違うのねと感心しました

ちなみに京都の「はる」にはこんな使い方があります

①尊敬の意味を込める時
  これは近畿圏で一般的に使う標準的な使い方
   例:「先生が来はった」「お母さんがそう言わはってん」
②かわいいと思っている気持ちを込める時
  この使い方をする時はついつい声が高くなりますね   
  例:「いや~あんな小さいのにしっかり歩いてはるわ」
③困惑する気持ちを込める時
  困った事された時に「はる」を使います
  自分は弱い立場で歯向かえないというニュアンスを含んでいます
   例:「あのおじさん、私の足踏まはってん」(V_V)
     「お兄ちゃんが私のおもちゃとらはってん(;_;)
④憤りを込める時
  めちゃくちゃ怒ってる時に突き放す感じであえて使います
  丁寧な言い方で相手と距離を置く言い方をすることで
  私はそんな常識のない事はしないという軽蔑している気持ちを込めます 
  京都の人がこういう言葉使いで言ってくる時は
  取り付くしまがないぐらい怒ってます
   例:「そう言わはるんやったら、そうしはったらよろしいわ」
     「あんたの好きなようにしはったらええわ」

こんな言葉の違いが影響するのか、その言葉を育てた文化の違いからか
大阪の人が京都の人を本音を言わないから付き合いづらいと思ったり
京都の人が大阪の人を気遣いがないと思ったりするんでしょうね
スポンサーサイト

ロコモコ

先日作って冷凍保存していたミニハンバーグで
お昼ご飯にロコモコを作りました20070225124405

ミニハンバーグが1個ずつしかなくて頼りないので
ほうれん草と人参のソテーと目玉焼きのほかに
ソーセージとちくわを炒めたのも乗ています
具をスプーンで崩してご飯と混ぜながら食べると
ご飯と別々に食べるのとはまた違うおいしさがあっていい
1枚のお皿に盛るから洗い物が少なくて済むのもうれしい所です

くーのなかよしさん

前のエサ入れがボロボロになったので新しいのに交換しました
ところが新しいエサ入れを入れた直後から
ガッコンガッコン凄まじい音を立ててくーが破壊し始めた!
どうもエサを掻き出しにくいのが気に入らないかったらしい

1週間におよぶくーのDIYリフォーム(破壊活動)により
エサ入れは納得のいく形になったらしい
それからはいつもエサ入れの横にポッチリとまっていて
時々エサ入れを甘噛みしながらかわいい声でヒヨヒヨ鳴いています

このエサいれ、出っ張っているところが
くーが頭をかくのにちょうどいいようで
気持ちよさげにほっぺや後頭部をコリコリかいている
私がいくらでもコリコリかいてあげたいのに
触られるのがイヤってさしてくれないのに~(T^T)

くーがあまりに気に入っているので
エサ入れにシロちゃん(パーツが白いから)とあだ名をつけて
「くーはシロちゃんとなかよしなのね」
「シロちゃんで頭かいてるのね。気持ちよさそうね」
と、話しかけてしいます
20070222004018
くーとエサ入れのシロちゃん

ザ・鉄玉子

以前、鉄を摂る様にしたらかなり体が楽になるのを実感したので
それ以来、鉄分摂取は心がけるようにしています
本当は野菜などから摂れたらいいんだけど
ほうれん草なんて含有鉄分量が10年前の1/10まで減ってるらしい
それを考慮して1日の必要な鉄分摂取量を食べるとなると
野菜だけで鉄分をまかなうのは難しい
だって我が家は比較的少食なんですもの

とりあえずサプリメントのヘム鉄を飲んではいるのですが
できたら料理などで自然に鉄分を取れて家族も摂取できるしたい
お湯を鉄瓶で沸かすと鉄分が摂れていいいいらしいんだけど
すぐに中が錆びるので手入れが大変らしいのと
それより何より重過ぎる!重い鍋は扱いにくいから嫌いなのよ

そこで、鉄分摂取の強い味方に購入したのが
南部鉄でできたその名も「ザ・鉄玉子」!
この鉄の玉子を一個入れたやかんで水1リットルを沸かすと
沸騰時0.042mgを容出するとのこと。
その他ナスの色つけ、黒豆の色つけ、アサリ&シジミの砂出し、
水道のサラシ粉のニオイ消しにも使えるそうです
20070208192548
「ザ・鉄玉子」840円(京都高島屋で購入)

フライパンも鉄の方が炒め物もおいしいから
気に入るものを見つけたら使いたいです
今度時間ができたときになんばに探しに行きた~い

おかずの差し入れ

昨日はなんだかモヤッとしていたので
気晴らしに早めに晩御飯のロールキャベツとミンチついでに
冷凍保存用のミニハンバーグを多めに作りました
ミニハンバーグを冷凍保存にしておくと何かと重宝
休日の昼食においしいロコモコが手軽にできるのがいいのです

作り終わってから実家に電話を入れると、
話の流れで急に実家にお手伝いをしに行く事に。
でも、明日は予定があるので日帰りしなくちゃいけない
母は元気なのですが、いつも自分で作ったごはんで
代わり映えしないだろうからたまには他の人の作った料理を食べて
リフレッシュしてもらおうという事で、
夜の間にに差し入れするおかずを家にあった食材で
ガンガン作りまくりました。

20070222002311 <差し入れおかずメニュー>
 ・大根と鶏肉と卵のぴり辛味噌煮込み
 ・蒸し野菜(人参、大根、蓮根、ブロッコリー)
 ・ロールキャベツ
 ・ミニハンバーグ(冷凍保存用)
 ・白菜と豚肉の蒸し煮
 ・ひじきの煮物

ロールキャベツとミニハンバーグをのぞいた4品で
作業時間40分+煮込み時間20分(この間に洗い物完了)で作ったぞ!
私ったらなんて手際がいいんでしょう(^0^)←自画自賛

蓮根をさらす水に酢を入れるのを忘れたので黒くなっちゃった
ま、お味は大丈夫でしたのでおまけしてもらいましょう
これで2日は食べるものに困らないと思われます

ではでは、お手伝いに行ってきます/(^0^)

16ビート餅つき

奈良の猿沢池の近くに中谷堂というお餅屋さんがあって
日曜日や祭日といった人が多い時には店頭で餅つきをする
その餅つきが「ハッ、ヨッ、ソレ」とめちゃくちゃ早い
その高速餅つきは有名らしく、全国区のTVにもよく紹介されている20070220165437
中谷堂

奈良に住んで5年近くになって
中谷堂の高速餅つきもすっかり見慣れてしまった
最近では普通の餅つきを見ると
「テンポが遅い!ぬる過ぎる!」と思えて仕方がない
私の中で餅つきの標準スピードは中谷堂によって
16ビートに設定されてしまったようだ

「小さいことばを歌う場所」発売

ほぼ日手帳の毎日のページの角には
糸井重里さんがあれこれ集めたステキなことばが書いてあります
そんなイトイさんチョイスのことばを集めた本
「小さなことばを歌う場所」が発売になるとのこと

やさしくてやわらかくてあったかい歌詞に出会う時
作詞者の名前に「糸井重里」とあることが多い
イトイさんは難しい事をやさしいことばで
あたたかいことをそのままに届けられることできる人

あたたかい言葉の人との対談はあたたかいままに、
すごい学者さんとの対談はすごく分かりやすい言葉で
その魅力のエッセンスを心に届く形にして届けてくれる
インタビュアーとしても本当にイトイさんは素晴らしい

そんな言葉の魔法使いがチョイスした名言の本は
きっとことばの宝石をちりばめたような本だろうな…
ほぼ日手帳の毎日のことばを読んでるとそう思えて仕方がない
この本、ほぼ日のHPでの受注限定生産とのこと
ぜひ欲しい!受付開始日に早速注文を入れなくては!
と素晴らしい本との出会いの予感にワクワクしています

ちなみに受付期間は2月20日~3月6日とのこと
この本を手にしたい方は申し込みをお忘れなく

※ほぼ日HPはこのブログのリンクから行けます

まったりな休日

予定のないお休みの日の午前中はパジャマでまったり過ごします
くーちゃんもカゴから出してもらってうれしそう
1人ずつ手や肩にとまってご挨拶した後、
飛び回ってはカーテンにとまったり、人の頭にとまったり、
床をトコトコあるいて何かをついばんだり…とマイペースに遊んでます
のんびりとした平和な時間が心地よいです
20070213115228
パジャマの袖の中が気になるくーちゃん

DOUCEのごまちゃんのパン

近鉄奈良駅前のおしゃれなパン屋さんBoulangerieDOUCEで
かわいい「ごまちゃん」を見つけました

ごまちゃんの商品説明の札には
「生チョコクリームを中に入れてソフトに白く焼き上げたアザラシです」とのこと
いや~パン屋でアザラシ買えるとは思わなかった(^^)

動物パンは数あれどこのごまちゃん、ディティールが素晴らしい
このハイクォリティで愛らしいごまちゃんが
お店の棚でトレーの上に10頭も並んでいる姿に釘付け!
「なんと愛らしい…」と、一目ぼれして即買いしました20070207150218
あまりにかわいいのでかわいいお皿に乗せてみました

食べるにはかわいそうなくらいかわいいけど
そこはパンと割り切って思い切って頭からガブリ!
20070207150247
ぼくを食べちゃうの?

ふっくらしたやさしいパンとチョコクリームのバランスもよくて
ごまちゃんはとてもおいしかった

あまりのかわいさに興奮して誰かに見せたくなり
会う約束をしていた友達へのお土産にするために
見つけた次の日も朝イチにごまちゃんを捕獲しに行ってしまいました

土鍋でヘルシー蒸し鍋

20070213114026
簡単でおいしくてガッツリ感を味わいつつもヘルシーなのがこの蒸し鍋
作り方はいたって簡単!キャベツ、もやし、ニラ、豚しゃぶ肉をベースに
プラス好きな食材を乗せて土鍋で蒸してポン酢と大根おろしで食べるだけ
土鍋ごと食卓に出すことで温かさを持続しながら食べられます

今回はなすカボチャに加え、特別サービスで鶏肉も乗せました
写真のお鍋はニラを下に引いているのですが
彩り的には一番上に乗せる方がいいかもかも…

このお料理、蒸す事で野菜のうま味が引き立つし、
ポン酢のあっさり感もあって野菜がたっぷり食べられるし
肉の余計な脂は蒸し器の下に落ちるのでカロリーも少なめ
それでいてニラと豚のコクで意外にごはんも進みます

我が家の腰についたまわし肉が気になる男性にも
「おいしい!特にキャベツがいける!」と好評のこのメニュー
毎度非常にアバウトなレシピですが、一応ご紹介します

土鍋でヘルシー蒸し鍋
<材料> 2人分
 キャベツ1/4個、もやし1袋、ニラ1束、豚しゃぶ肉1パック 
 鳥もも肉1/2パック、なす1本、かぼちゃ1/4個
<作り方>
①土鍋に蒸し器を置いて水を入れて火にかけ、沸騰させる
 (我が家はパカッと開くタイプの蒸し器を使っています)
②もやしは洗ってざるに上げる。キャベツ、ニラ、その他好みの野菜を
  食べやすい大きさに切る
③蒸気が上がった蒸し器に野菜をキャベツ、もやしの順に広げて乗せ、
  その上に他の野菜、豚しゃぶ肉、鶏肉、魚などを並べ
  一番上にニラを乗せて具材に火が通るまで(10~15分)蒸す
④土鍋ごと食卓にドーンと出して、各自ポン酢と大根おろしでいただく

土鍋を使うけど、ポン酢のスッキリ感で夏でもおいしくいただけます
手早くできるヘルシーメニュー、ぜひお試しください

博多・熊本の旅(その8)

福岡空港に向かう高速の途中のサービスエリアでしばし休憩

「とんねるずのみなさまのおかげでした」の
おみやランキングに入ったと書いてあったからし高菜を試食
おいしかったのですかさず購入
食べ損ねていた辛子レンコンが売っているのを見て
手軽に食べられるスティックタイプのものも買う

走り始めた車の中で辛しレンコンを食べ始めると
疲れで頭のネジがどこか緩んでるのか鼻にツーンとくる辛さに
口に入れている間、笑いがこみ上げて止まらない!
一口食べては「ウヒャヒャヒャヒャ」と笑い続ける私
「これ、飲みに行った時に食べたら楽しそう!」
と食べては笑い、はしゃぐ私を横に乗せて
「ちょっと怖い…」とつぶやきながら運転する旦那さんなのでした

空港に着いて車を返し、空港の売店でおみやげを買う
渡す人と合う予定&体調+賞味期限+自分も食べたい欲
を、満たす小さいものをあれこれ購入しミッション完了!20070206125832

移動続きで疲れた体を「もう少しだ!」と励ましながら帰路に着き
お家に着いて「やっぱり家は落ち着くわ!自分のお布団っていい!」
と、自分の家の心地よさを再確認してたところで
楽しくおいしい旅行は終わったのでした
                                (おわり)

長編の旅行記にお付き合いいただき、ありがとうございましたm(__)m

博多・熊本の旅(その7)

さて、今日は旅の最終日、3日目についてはノープラン
先に取ってしまってた飛行機は福岡空港発関空行き
ということは…熊本から福岡に戻らなくては帰れない!

その時間内で行ける所はどこかな~と
地図を見ていると、阿蘇の右下に高千穂神社の文字が…
以前、高千穂神社って天孫降臨ですばらしい所だと聞いた事があり
こんな遠いところに行く事はないだろうが
もしチャンスがあれば行ってみたいと思ってた場所
「じゃあ、そこで決まり!」ということで
熊本県から宮崎県に向けてロードスターをかっ飛ばしました

少し遅めに出たので着いたのはお昼前ぐらい
駐車場から少し昇るとすぐに高千穂神社に着きました20070206123724.jpg
神社の本殿は小山の中腹にひっそりと立っていました
その建物は塗りがない素朴でありながら見事な彫りが施してあり
周りには大木が何本もそびえたっていて
古くから大切にされていた神域なのだと感じました

高千穂の神様からのお言葉を頂こうと引いたおみくじには

 久しい間のくるしみも時が来ておのずから去り
 何事も春の花の咲くように栄えていく運です
 安心してことにあたりなさい

ああ、うれしい!
ここ数年に起こった忍耐が必要な出来事がひと段落ついたものの
まだ一抹の不安が残っている微妙な心持ちだったのですが
高千穂の神様から「おのずから去る、安心しなさい」の言葉
もしかしたらこの言葉を頂くために高千穂神社に呼んで頂いたのかも…

意外に小さい神社だったのであっさり見終わり
そこから少し降りた所にある高千穂峡を見に行きました

そこに広がっていたのはこれまで見たことのない形の岩が
織りなすどことなく不思議な雰囲気のする峡谷でした20070206122025
高千穂神社がその上にあると思うと
まるで岩で作った天空の城ラピュタに見えてくる
もしかしたら天孫はこの塊ごとガスーンと天から降りてきたのかも…20070206122044
川の横苔むした岩はまるで龍の背中のようでした20070207121436

思いがけない景色を見れて満足した後は
「天孫がごとく奈良に向かうのだ~!」と空港へ向けてダッシュ!
熊本ラーメンを本場で食べたい気持ちはあったものの
京都で味千の初期のお弟子さんのお店でおいしく味わい済みなので
時間と腹具合との折り合いにより、味千のチェーン店食べた後、
高速にのって一気に博多へ向かうのでした

(その8に続く)

博多・熊本の旅(その6)

さてさて熊本での晩御飯、目指すは馬刺し!

馬は何度かルイベでは食べた事があっておいしかったので
お店にあると必ず頼んでしまうメニューですが
生の刺身にはこれまで出会ったことがありませんでした
でも、熊本の市内はもう馬刺しの看板が出てる出てる
熊本ではハレの食事は馬刺しで決まりなのかしら…

おいしい焼酎と馬刺しが食べられるお店へ向かい
早速球磨焼酎と馬刺しを注文して待つ事しばし
運ばれてきた馬刺しを早速いただきくと…

20070206114906
すっごくおいしい!赤身の肉のうまさがいい!
しょうがが添えてあるけど臭みもないので
わたし的にはつけないほうが肉のうまみが直接味わえて好き
でも…あれ?しょうゆが甘い?

鹿児島に行ったときのおしょうゆも
このおしょうゆならお砂糖なしで関西すき焼きができるぞ!
っていうぐらい甘くてすごく驚いたのですが
熊本もそこまでは甘くないものの甘さがあるんですね

すっかり馬刺しを気に入って、さらに焙りも注文20070206115810
馬はうまいからうま?なんてね(^^;)

焼酎はあまりクセが強いと苦手なのですが
魔王は香りとコクがあるけどすっきりしていて
飲みやすくておいしかった!

すっかりごきげんになってホテルに帰り
酔いと疲れで爆睡しながら明日に備えるのでした

(その7に続く)

博多・熊本の旅(その5)

天気も落ち着いて来たのでそろそろ…ということで、
途中からロードスターの屋根をオープンにして走りました
ハリウッドスターが冷房ガンガンかけながら暖炉を焚く様に
冬のオープンカーは暖房をガンガンにかけて走ります(ちょっと違うか?)

阿蘇近くに来て山に雪がかかっているのが見えた頃には
オープンにすっかり満足し、屋根を戻して走っていました
(2人ともこういう事はあっさりしています)

阿蘇山って本当に木がないんですね
高校の時に修学旅行で来た事があったのですが
その時、木がなく広がる草原に「山がない!」と
ハイジがごとく不安を感じた事を思い出しました
冬の阿蘇は黄色い枯れ草が干草のベットのように茂っていて
まるで金髪の人の頭を走っているようでした

頂上付近に近づくにつれてうっすらと雪が積もっていて
空からも雪がチラチラ降ってきました
途中で車を降りて少し歩いたけど寒い寒い
20070205212849.jpg
まさか九州がこんなに寒いと思わなかった!

阿蘇の景色を寒さのため巻きで堪能した後は
冷えた体を温めようと近くの温泉に入る事にし、
最初地獄温泉に向かいましたが雪で道が通行止めだったので
阿蘇山がきれいに見えるという月廻り温泉に向かいました

この温泉の露天風呂から目の前に広がる
雄大な阿蘇の景色はすばらしかった
なんでもこの月廻り温泉から見える阿蘇の景色が
「ふるさとの残したい景色第一位」とのこと、う~ん納得。
一緒に入っていた定年後に阿蘇に来た方が
ここから山を見ると観音様の横顔に見えると教えてくれました
確かに…浅草の浅草寺で見た聖観音菩薩の様に
白い布をかけた観音様の横顔に見えました

温泉でほっこり温まり一息ついてホテルへ帰って少し休んだ後
お腹もすっかり減ったので夕食に向かいました

(その6に続く)

博多・熊本の旅(その4)

昼頃に熊本に着いた私達が最初に向かったのは
熊本市内の老舗の中華料理店「紅蘭亭」
熊本には太平燕(タイピーエン)という
熊本ではメジャーだが他の地域ではない麺類があるらしい
それは食べなくては!ということで向かったのでした

このお店のパンフレットによると太平燕とは以下のようなものらしい
・麺は春雨は緑豆100%
・虎皮蛋(フーヒータン:揚げ卵)が入っている
・主たる野菜はキャベツ、その他たけのこやねぎ、金針菜が入る
 (白菜は水気が多いので入れるべきではない)
・スープは鳥ガラと豚骨の共出し
・調味料は塩だけ

注文して出てきたのはちゃんぽん春雨ヌードル的な麺類20070205192856
すっごくやさしくてあっさりしていて女性向なお味
夜は早めにお腹が減りそうな予感を抱きつつおいしくいただきました

昼食の後、その足で熊本城へ向かいました
さすが日本三大名城のひとつだけあってすごく立派なお城
かの城作りの名人加藤清正が建てたというだけあって
重厚な中にも落ち着いた華やかさがある男らしいかっこよさがありました20070205192830
黒い外壁からカラス城とも呼ばれる熊本城

お城を堪能した後、車に乗り込み阿蘇山に向かいました

(その5に続く)



ほぼ日手帳Spring届きまし

旅行記連載の途中ですが、閑話休題

私の都合で少し遅れたのですが
昨日ほぼ日手帳Springが届きました

赤の千鳥格子のカバーすごくカワイイ!
今回はネット注文だったので送料はかかりましたが
おまけにカバーオンカバー、メモ帳、ボールペンが付くので
全然損した気がしません
もちろん追加注文した下敷きも届きました20070209130158


中を見ると毎日旧暦、月齢+二十四節気がひと目で分かっていい
欄外に毎日書いてある言葉もいいのよねー

ほぼ日は包装も気が効いてるので好き
今回は緑のしっかりしたステキな箱に入ってきました
開ける途中に書いてあった言葉
一日というやつは、
自分のことを好いてくれる人を好きになる。 そういう性質らしいぞ
<「セフティ・マッチ氏の銀の言葉」より>
その言葉、忘れず毎日を好きでいるようにしようっと

今年のほぼ日手帳もさらにいい…とすっかりご満悦です(^^)

ではでは、明日からも旅行記は続きます

博多・熊本の旅(その3)

ロードスターに乗った私達は高速に乗って一路熊本へ…
九州自動車道は博多から佐賀を抜けて熊本へ伸びていきます
熊本へ向かう途中、佐賀平野の田んぼエリアを走っている時に
「カササギが見られたらいいな~」と外を見ていたら
電線にカラスぐらいで尾羽が長いカラスに似た鳥が…カササギだ!

百人一首の歌の中にも出てくるので名前は比較的有名なカササギ、
北半球では広く分布しているのですが
実は日本では佐賀平野周辺にしかいない鳥なのです
なんでも豊臣秀吉が持ち帰ったものが野生化したらしい
聖徳太子の伝記にも、天平時代に新羅から倭国へ
カササギ2羽が献上されたとの記述もありました
現在もその周辺にしかいないってことは
佐賀平野ってよっぽど住みやすい所なのかしら…
なんにせよこの土地でしか見られないカササギが見られて感激!

日本は旅行に行っても風景はそれほど変わらないように思えますが
実は、自分の住んでいる近くでは見られない鳥がいたりします
鳥に気持ちを向けると微妙な地域や自然の違いが感じられて
旅の楽しみ方が豊かになっていいな~って思います

そんなちょっとしたサプライズプレゼントを楽しみつつ
さらに車は熊本へ向かうのでした

【補足】百人一首の中のカササギの出てくる歌
 かささぎの 渡せる橋に おく霜の 白きを見れば 夜ぞ更けにける
                           中納言家持
 <意味>
  かささぎが翼を連ねて渡したといわれている橋におりている
  白い霜を見ていると、もう夜も更けてしまったのだということに気がついた。

   ※中国の伝説で、七夕の時に、この鳥が連なって橋となって、
    織姫を彦星のもとに渡したとあります
 
(その4に続く)

博多・熊本の旅(その2)

2日目はレンタカーで移動、博多から熊本へ向かいます

旦那さんの今回の旅の目的のひとつは
「乗りたかった車をかっ飛ばす事」
ということで、旦那さんチョイスにより
ユーノスロードスターでの移動になりました
20070205175537
ユーノスのインパネってかっこいい!
インダストリアルデザイン好きの私もごきげんです

博多から熊本に向かう前にやり残した事がひとつ
それは「おいしい博多ラーメンを食べる事」
朝からとんこつラーメンっていうのもなんですが
前日早くに夕食を食べて寝たのでお腹はペコペコ
食べる気満々で「一蘭」というお店に向かいました

この「一蘭」ひとりずつ仕切りで仕切られていて
集中してラーメンを味わえるようになっているのに驚いた!
注文シートにある注文の好みのアンケート欄も細かい
麺の固さ、辛味、ねぎのチョイス(白・青・なし)、
チャーシューの種類(バラ、ロース、なし)など好みを記入して注文し、
しばらく待つとラーメンがやってきました
ラーメンを出した後は店員さんが前ものれんを下げてくれます20070205182005
他の何者にも邪魔されない私とラーメンの1対1の世界の始まりです
かつてこれほどまでに周りに気を散らすことなく
集中して食事を味合う事はあっただろうか…というほど
じっくりと目の前にあるラーメンを堪能することができ
最初はびっくりしたこのシステムに感動しました
もちろん、これほどまでの環境と好みの反映されたラーメンは
そこまでこだわるだけあっておいしかった!

朝の9時過ぎに食べた一蘭のラーメンにすっかり満足した私達は
ロードスターをかっ飛ばして熊本へと向かうのでした
 
(その3へ続く)
                          


博多・熊本の旅(その1)

節分前、引いていた風邪をガッチリ寝込むことでイッキに治した後、
旦那さんが今年はリフレッシュ休暇がもらえる年だったので
そのお休みを利用して2泊3日の博多&熊本旅行に行って来ました

我が家の旅行はほとんどがドライブか電車なのですが
今回はバースディ割引を利用して飛行機で博多に入りました
飛行機が着陸に近づいた時に機長よりアナウンスが…

「只今福岡空港上空は雷とバケツをひっくりかえしたような雨により
 天候が落ち着くのを上空にて待ちます」とのこと

私達、なんかえらく九州に歓迎されてますね~(^^;)
顔を引きつらせながら身を硬くして揺れに耐え続ける事しばし、
到着時間より30分遅れで無事着陸することができました

空港からは地下鉄に乗ってホテルへ向かいました
福岡空港からアクセスがすごく楽でいいですね
空港から地下鉄を少し乗ったらすぐ市内中心部っていうのがいい
地下鉄の駅から出た頃には雨も止んでいたので
「雨が止んでよかったね」と街並みを楽しみつつ
ポテポテ歩いてホテルへ向かいました

ホテルに到着し、部屋に入ったら荷物を置いてしばし休憩
ベットに寝転がって博多華丸・大吉の出るローカル番組を楽しみつつ
「さて、夕食は何を食べましょうか」と
移動中に適当に取ってきたグルメガイドで店をチェック

「鍋がおいしそうだがそれだけでお腹がいっぱいになって
 他のものがあれこれが食べられないのは残念なので
 焼酎飲みつつ地元のものをつつきましょう」と話がまとまり
博多料理を出してくれる居酒屋に決めて
ホテルから徒歩でお店のある中州へ向かいました

しかし…外に出ると雨、それも徐々に激しくなっていく
ついには台風かと思うような暴風雨に!
「軽いからこれでいいや」と私の持ってきた傘が
100円SHOPのペラペラの折り畳み傘だったもんだから
強風にやられて骨が折れまくってボロボロに(T0T)

○教訓:旅行の時にはしっかりした傘を持って行こう

おいしいものを食べるためにはこんな事に負けていられません!
すかさずお店に飛び込んですこし丈夫そうな新しい傘を購入し
暴風雨の中を「もう少しだ!」と励ましあいながらお店に向かいました

無事お店について、雨で冷えた体を焼酎お湯割であたためながら
地鶏のたたきや明太子いわしや、関アジのさしみなどを堪能しました
博多は水炊きなど鶏がおいしいらしいと聞いていた通り
地鶏のたたきは味が濃いけどクセが無くてとってもおいしかったです
20070205173258
20070205173343
おいしかった地鶏のたたき&関アジのさしみ

おいしい料理と焼酎でおなかもふくれてすっかりごきげん(^^)
ホテルに帰り、テレビ見ていたらどうも暴風雨警報が出ていたらしい
移動と暴風雨との戦いに疲れた体を休めるべく早々に眠りについたのでした

(その2に続く)

ののじの耳かき

20070117231503

美しいワイヤーのフォルムでグッドデザイン賞を受賞しているののじの耳かき
綿棒や普通の耳かきでは耳垢を奥に押し込んでしまいがちですが
この耳かきはワイヤーにうまくひっかかって取れるのです
適度なしなりが耳への当りもやわらかくてすごく心地いい
一度使ったら止められません!おススメです

バードウォッチングのきっかけ

冬は水鳥たちも飛来するし、木々の葉も落ちて
鳥が見やすい絶好のバードウォッチングシーズン
今年は忙しかったり風邪ひいたりでまだ行けてないので
近いうちにゆっくりとバードウォッチングを楽しみたい…

私がバードウォッチングを好きになったのは数年前、
夫の仕事の関係で茨城県の霞ヶ浦のすぐ近く
百人一首では男女川(みなのがわ)と詠まれる桜川が
霞ヶ浦に流れ込むところまで歩いていける所に住んでいた頃の話

くーの前に飼っていたインコのぴよが病気で亡くなり、
ぴよを失った悲しみと辛さを抱えたままの次の春、
毎日早朝に起きて散歩がてらに桜川ぞいからずっと歩いて
霞ヶ浦湖畔まで日の出を見に行っていました
その時に目にした鳥たちの美しい姿に大きな感動を覚え、
ぴよを大好きな気持ちが鳥全般に広がっていって
鳥たちをみるのが好きになっていったのがきっかけ…


日の出前のほのかに明るい朝はしずかで空気がきれいだった
そして鳥たちの自然な姿で美しいに数多く出会った

静かな空気の中でヒバリが声高く鳴きながら
どこまで空は高いんだろうと思わせるほど高く上がっていく

ツグミはトコトコと野原を歩いては
まるで渡ってきたシベリアに思いをはせるように
胸を張って静かに遠くを見つめる

朝霧のもやる中、ダイサギが30羽ぐらい連れ立って
桜川に沿って上流に向かって静かに飛んでいく幽玄な姿は
美しい日本画を見たとき心に響く美と静寂を含んでいた

モズが静かに尾羽をグルグル回して電線にとまっている
ここは彼のテリトリーなのだろう
朝の獲物を探し始める準備運動中だろうか

突然ケンケーン!と急に大きな声が聞こえたかと思うと
冬の枯れ果てた草むらからキジの夫婦が顔を出す

霞ヶ浦では多くの杭の1本1本にカワウやサギが静かにとまり
湖畔ではさまざまな鴨やバンが静かに漂っている

スズメは結構お寝坊で、日が上がりきってから
寝床の竹薮で仲間同士で騒がしくおしゃべりをした後
いくつかのグループに分かれて飛び立っていく

自然の美しさと鳥の本来の生きている姿がそこにあり
深く傷ついていた心がその美しさに癒されました

その頃の感動で本当に鳥が好きになって
今もバードウォッチングを楽しんでいる次第です

今年もほぼ日手帳Spring

昨年誘惑に負けて購入したほぼ日手帳、
持ち歩くには大きくて重かったので
結局日記、切り張り、思うこと、旅行の思い出帳に…
でもでも、とっても楽しかったので
別に持ち歩きようの小さな手帳を買った上で
お楽しみ帳として今年も買うことにしました

去年はネット注文に間に合わなくてロフトで買ったら
メモや下敷きがなくてガッカリしたので
今年は早々にネット注文しました
昨年はまじめに…とネイビーブルーのカバーを買ったけど
今年はかわいく赤の千鳥格子にしました
ミクのコミュで写真の貼り方も教わったし
今年はさらに楽しい手帳に育てたい!
ああ、届くのが楽しみです

「おいピータン」がいい!

最近はマンガ「おい、ピータン」伊藤理佐著がお気に入り!
おもしろくてちょっといい話、そんなマンガです
必ず食べ物が出てくるところも私好み
伊藤理佐だけどエッチじゃないです
主人公?のピータンこと大森さん、デブだけど男前です

以前講談社漫画賞を受賞していたので見始めてはまったこのマンガ
(講談社漫画賞受賞作品は楽しくて内容が深いマンガのが多いのです)
今回は手塚治虫賞まで取っててびっくり!
現在は9巻まで出ていますが、その中で人気が高い話を集めた
お手軽入門編の「よりぬきピータン」も発売されたので
手軽に呼んでみたい方はまずからどうぞ!
おススメです(^O^)

復活&大神神社へ厄払祈願

今回の風邪は冷え風邪、頭痛と発熱で寝込みました
とにかく体を温めようと葛湯をよく飲んでました
奈良は手軽にいい吉野本葛の葛湯が手に入るのがうれしい
20070201161846
香寿軒のしょうが葛湯

さてさて、この風邪の原因といえば…
朝にお風呂に入って頭も洗ったその足で
大神神社にお参りに行ってすっかり冷えちゃったからです
風邪引きかけの時には寒い朝に頭洗っちゃいけませんね(^^;)
でもでも、節分前は予定が入って忙しかったのですが
なんとか節分までに厄年のご祈祷受けたかったんですもの!

実は私、かなりの神社好き。自然が多いし気持ちいい
それになぜか日本の神様方には親しみを感じるのです
特に大神神社の神様にはご縁もあって比較的近くに住んでいるし
困って行き詰ってしまった時にはお願いに行って
そのつどオオッと驚く展開で助けていただいています
さすがは大国主が国治めに困った時に助けるために現われた神様、
問題解決には絶大のパワーをお持ちでいらっしゃいます

師曰く、神社などのパワースポットでパワーを受ける事よりも
その場所に実際に行ける導きを得た事自体が恵みである、とのこと
本当にありがたいことです。感謝感謝(-人-)

お正月にもお参りしたのですが年賀挨拶に手を合わせただけなので
今回は厄年の厄除祈願のご祈祷をしっかり受けるのが目的
JRの三輪駅から歩いて大神神社に向かいます
大神神社は三輪山がご神体なので二の鳥居を入る参道から
深い森が続いていてフワァっとよい気に包まれるようで気持ちいい20070202090627
よい神社に伺うと、鳥居の上に神様がいらっしゃって
「よく来ましたね」って言ってもらってる様に感じます

三の鳥居をくぐる手前にある小さな祓戸神社にお参りして
清めの神様達に身を清めてもらってから手水を取って本殿へ
二礼二拝一礼してお参りした後にご祈祷に向かいます20070202093428
これはお正月にお参りした時の本殿

受付で手続きをして待合室で待つ事しばし…
名前を呼ばれてしずしずと神様の前に座ります
ご祈祷を受ける所に床暖房も効いている心遣いがうれしい

ご祈祷が始まって神主さんが大祓詞で場を清めて
三輪の神様に祝詞を挙げ始めるとうっすら漂い始めるお酒の香り…
その香りに「あっ、三輪さん降りて来はった」とうれしくなります
田口ランディも書いているのですが
三輪の神様は降りて来られるとお酒の香りがするのです

ご祈祷中は心平らに手を合わせつつも
いつもなんとなく三輪の神様とお話してしまいます
だいたい「よう来たね~」とか、お願いする内容によっては
「それは困った奴やな…ま、何とかしてあげるから大丈夫や」
と、親しみやすい言葉をかけてもらっていると勝手に感じてます(^^;)

ご祈祷を受けるといつもすごくすっきり気持ちよくなって
深々と悩んでいた事がある時も「ま、なんとかなるわ」と
明るい気持ちになって帰り道は足取りが軽やかになります
その変わり様は、行く時は中島みゆきを聞いていたのが
帰りには爽やかに押尾コータロー聞いてしまう程!
私にとっては神社でのご祈祷を受ける事は
とっておきのスペシャルヒーリングなのです

Appendix

Profile

シロアジサシ☆

読書、散歩、昼寝、ペットのくーちゃんのかわいさを楽しむ、バードウォッチング、食べ歩き、バッチフラワーレメディ、シンプルでかわいいものチェックなど、日常の小さな事を楽しむ毎日を気ままに綴っています。

Extra

プロフィール

シロアジサシ☆

Author:シロアジサシ☆
読書、散歩、昼寝、ペットのくーちゃんのかわいさを楽しむ、バードウォッチング、食べ歩き、バッチフラワーレメディ、シンプルでかわいいものチェックなど、日常の小さな事を楽しむ毎日を気ままに綴っています。

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

サントリー愛鳥活動

オーラソーマ・タロット

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。