Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の雷

先日の夜中、大雨と雷がものすごかった
外でティンパニー叩きまくってる?っていうぐらい
ものすごい音で、春の雷の勢いのよさにびっくりしました

さてさて、この春の雷というのは植物にとって、とても大事らしい
雷によって、地面のNO2の分子を窒素と酸素に電気分解し
春に芽吹く大切な時期の土栄養豊かなよい土にしてくれるそうです

神社などではよくご神木やまつられている岩に
しめ縄に細いワラとギザギザした紙(名前忘れた)がついてます
あれって雲と雨と雷を表しているんだそうです
自然の恵みで土地が肥えるのは穀物の豊作につながる
その恵みをもたらす存在を崇め、恵みを乞い求め、感謝する気持ち
それを象徴的に表したのがあのしめ縄&飾りだということを
宮沢賢治が農学校で先生をしていたときに教えたと聞きました

自然と共に暮らす日本に息づくものは奥深いですね
スポンサーサイト

服がない!発作

季節の変わりめの、気温の変化が大きい時期になると
決まってやってくるのが「服が無い!」発作
毎年のことながら微妙な気温に対応できるお洋服がないのです

もともとお洋服を買うのは苦手、あれこれ飾るのが好きじゃない
それに加えて、最近の重ね着ファッションというのが
あれこれ考えるとクルクルしてしまう私には難しすぎる!
さらに、ここ数年の流行の色も形もレースも趣味じゃないので
なかなか「これ欲しい!」と、思う服に出会わない

シンプルで体のラインがきれいにみえて着心地のいい服
色はオークル系の肌がきれいに見える色目
ラメやひかりものは苦手なので自然な感じの生地が好き
そして、自分に似合う!これは大切です
自分の中での条件はこれだけのはずなんだけどなぁ

春物の洋服は古くなって着れなくなった分の補充が
ここ数年、春先に体調を崩して買い物ができておらず、
「もう、明日着る服がありません!」という緊急事態なので
駅前に出ては服を探して、悩んで、一応買ってみては
「これ、どうかなぁ」と首をひねる…
最近こんなことを繰り返しているので、エネルギー消耗が激しく、
心も財布も疲れてきております(T0T)

最近では、くーちゃんのかごの前でため息をつきながら
「くーはいいなぁ、きれいなラインと色の羽毛が生えてて
 服買わなくてもきれいでかわいくて温度調節ある程度できるもんね
 私もくーちゃんみたいに羽が生えてたら楽なのに
 身づくろいならちゃんとするのにな~」と、
おしゃれ女子度めちゃ低な発言をしてしまう始末

ああ、スタイリストさんに洋服全部を選んでもらいたいぃぃぃ

うれしいお誕生日でした

先日、お誕生日を迎えてまた1つ妙齢おねいさんの階段を昇っちゃいました

お誕生日の朝、毎朝のようにくーちゃんに「おはよう」と声をかけたら
いつもはプ?とかヒヨーとしかお返事をせず
おしゃべりできることを内緒にしているくーちゃんが
なんと、大きな声で「クーチャン!」とお返事してくれました
朝からくーちゃんからのお誕生日プレゼントです
次の日からも同じように声をかけても「クーチャン」とはいいません
さすがくーちゃん、いろんなことがしっかり分かっています

そして、なんとお誕生日ディナーは旦那さんが作ってくれたのです

実は旦那さん、水曜どうでしょうの「アラスカ横断」で
洋ちゃんがパスタを作っていたのに興味を持ち
最近、休みのたびにパスタを作りにチャレンジしていました
毎度、おいしく作れた事から挑戦する気になったとのこと

これまで単品パスタしか作った事の無い旦那さんが
段取りに頭を痛めつつ、本を見つつ3品も作ってくれました20070329222054
なすのトマトソースパスタ、
豚肉のソテーのシーザーサラダ、
大根とにんじんのコンソメスープ

「奥さんが一番喜ぶのは、ごはんを作ってもらうことだろうから」と
私の喜ぶ事を思って、これまで作った事がほとんどないのに
豪華なお料理を一生懸命作ってくれたやさしさに
うれしさで胸をいっぱいにしながらおいしく頂きました

数日後、お友達の家に遊びに行ったら
なんと、お誕生日ケーキを用意していてくれました
ホールのお誕生日ケーキなんて小学生以来のこと!
ろうそくも立ててハッピバースディも歌ってもらって
すごくすごくうれしかったです(^^)

その他、お友達や親やきょうだいからもお祝いメールをもらいました
送ってくれた方たちありがとう!すごくうれしかったです(^0^)

お誕生日を祝ってもらえるのってうれしいものですね

ウォルナットで うふふふふ

鍼灸院に行って「なかなか寝付けませ~ん」と話したら
「春先だから、それが影響してるんだろうね」とのこと

春は芽吹きの時期、冬に休んで蓄積したものが
モコモコモコッと動き出す時期
気が急激に上がりやすく興奮しやすいので
私の体の状態は、この時期特に影響を受けやすいらしい

と、自分の状態を客観的に知ったので
それに対応すべく昨日のボトルにウォルナットを追加

新しい環境へスムーズに馴染むのと
周りの影響から守って自分の道を保つ、
2つの作用を持つウォルナットは
なんだかすごくこの時期なレメディですね
そういや、植物の種の発芽を促す時にも使えるものね

そこで、有名なかわいい俳句をちょっと変えて一句

 春先の ウォルナットの うふふふふ

寝つきの悪さにレメディを選ぶ

最近なかなか寝付けません
お布団に入って電気を消すと、楽しいことから悩み事
果ては宇宙の摂理みたいなことまで
あれこれ浮かんで考えて昼間より脳みそフル回転
ヘタしたら朝までキンキンになってしまいます
しっかり眠って回復しないともたないんだから
お願いだから眠らせてくれ~!って感じです

明かりが落ちると不安が沸くのか?など深読みしてしまったが
単にいらないことまでグルグル考えてしまうだけ
他の深い問題点を解決したくて選びそびれていたけど
やっぱり今の状態から整えるのが最優先事項
ということで、今飲んでいるボトルを休憩して
バッチのレメディを選びなおす

まずはホワイトチェストナットの助けを借りて
余計な頭のおしゃべりをやめてもらう事にしよう

他には…
寝不足の体力消耗にオリーブ
気遣いで消耗しすぎるからセントーリー
眠れない自分に毎朝ヘコむのと
すぐ調子を崩す自分にガックリきているのでゲンチアナ
楽しい雰囲気をキープしたくてしんどいと言えないのでアグリモニー
このままもっと体調を崩していくことへの恐れにミムラス

「寝付けない」このたったひと言の中にも
いろんな気持ちがつまってるな…

ネガティブ系を公開の場に書くこと自体、私にしては珍しい事
早速アグリモニーががんばってくれているようです

練習中なのに

散歩していたらウグイスの鳴き声が聞こえてきた

ホー…ホケッ…ホ ホケ…キョ…ケキョケキョケ?キョケ?
あれ?なんだかたどたどしい&声の大きさも控えめ
どうもチビウグイスがお花見デビューに備えて練習中の様子

それを近くで聞いていた陽気な性格のシジュウカラが
ウグイスの鳴き声にお返事し始めた

ホー…ホケッ ツピー 
ホケ ツツピー キョ? ツピー 
ケキョ? ツピー ケキョケキョケ ツピー ケ… ツピー

シジュウカラの合いの手にとまどったか
どんどん小声に、そして頼りなくなってくるウグイスの声

鳴き交わしは楽しいだろうし、かわいいけど
ジャマしないで練習さしてあげぇな…

休日

目覚ましをかけずにタラ~ンと起きる

小腹がすいたのでうどんを作って食べる

リビングでゴロゴロうだうだ過ごす

最近パスタ作りに目覚めた旦那さんがお昼を作る
初心者だが手際がよい、おいしい、センスがあるとほめたたえる
旦那さん、次のお休みもパスタを作ると意気込みを語る
作戦成功!と少し悪い人の顔でニヤッとする

奈良公園まで散歩する

鹿に「ヨッ!」とあいさつする

奈良公園をタラタラ歩きながらバードウォッチングを楽しむ
鳥を見つけては立ち止まり、双眼鏡で愛でる

鹿がまったりしている横をガサガサ歩く
「ゆっくりしてるのに何!?」と凝視されるので、
お邪魔した事をおわびしながら歩く

二月堂で観光客に頼まれて旦那さんシャッター押す
旦那さん、撮って下さいと頼まれる率高し
「いい人に見えるからかな?」と問いかけると
「いい人だからね」と答える
「フッフ~ン…」と微妙な反応を返す

今回見た鳥
シジュウカラ、エナガ、ヤマガラ、コゲラ、メジロ、センダイムシクイ
ビンズイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、キセキレイ
ツグミ、シロハラ、トラツグミ、ヒヨドリ、ムクドリ、
ハト、スズメ、ショウナイスズメ、ハシボソガラス
久しぶりにトラツグミが見れて喜ぶ

頃合に疲れたので奈良公園近くの串カツ屋で
まだ日の高いのに生中と串カツを頼んでウマウマ食べる
ほろ酔いでごきげんになる

バスですいっと家に帰る

のんびりと夜を過ごす

野の花を楽しむ

鍼灸の先生から私へのの生活指導は
「元気になるためにお散歩してください
 てぶらでゆっくりでいいから40分は歩くこと
 それと、なるべく自然の中を散歩してくださいね」とのこと
助手さんの補足説明によると
「歩いて20分ぐらいから体の気が全身に回りだすので
 ほんとにゆっくりでいいので20分は歩いてください
 そのくらい歩くと元気になってきますよ」とのこと
のんびりお散歩は好きなので、
体調改善のためにまめにポチポチとお散歩している

20070320181024
お気に入りのお散歩ルートは近所の田んぼ
あみだくじのようにあぜ道をたどって歩く
雑草や鳥やワンコのお散歩風景を楽しみつつ歩く
この季節、小さな花がいろいろ咲いているのが楽しい

20070318142043
啓蟄の頃からイヌノフグリの小さい青い花が咲いていてかわいい
名前の由来は実がコロンとしているところから来るらしいが
こんなかわいい花の名前がイヌノフグリ(犬の陰嚢)って…
中国あたりから来た帰化植物で、そちらでは「天人唐草」というらしい
そちらの名前の方がこの花には合ってるように思う

20070320180849
お彼岸に入ってあぜ道にれんげ草が咲いているのを見つける
かわいくて控えめだけど華やかなれんげ草が花の中で一番好き
れんげ草は根っこに窒素を貯めるので冬に種が蒔かれていたらしい
子供の頃、春には近所の田んぼ一面にれんげの花が咲いていて
蜜を吸ったり、れんげ草の花飾りを作って遊んだけど
今はれんげの種を蒔く農家はすごく少ないらしい
蓮華の花を待つと田植えが遅くなるかららしいが
できたらまたれんげ草をいっぱい咲かせて欲しいな

のんびり気楽なお散歩をより充実したものにしようと
先日、野の花のポケット事典を購入しました
名前が分かるとかわいらしさに加えて親しみが沸く
お散歩をするとかわいい友達が増えいくのがうれしい

さくら咲く

近所の日当たりのよい土手で桜が咲いていました
このところ寒い日が続いていたけど、春ですね(^^)
20070320180754

お昼寝さんたち

まだ気温は低いけど、陽の当たるところは春の日差しが気持ちいい
散歩していると気持ちよさげなお昼寝さんたちに出会います

20070318141525
奈良公園の午後、日当たりのいいところでは
鹿たちが集まって気持ちよさげにうとうと

20070318141949
ならまちでは仲良さげなニャンコとワンコがお昼寝

20070318142354
ペットショップではシャンガリアンハムスター達が
日差しは無くてもふわふわもちもちとお昼寝していました

我が家ではくーちゃんもうとうとかわいくお昼寝していますが
カメラを持って近づくと起きちゃうので寝顔は撮れません
20070319135623
起きちゃいましたが、なにか?


内緒らしい

くーちゃんは基本おしゃべりしないインコ
でも、実はちょびっとだけしゃべります

朝、カゴにかけた布を取ってまだモーンと寝ぼけているくーに
「くーちゃん、くーちゃん」と呼びかけると
ネムネムな声で「クーチャン…」と答えます
でも、しっかり目が覚めたら言いません

病院に連れて行くときに毛布に包んで運んでいる時に
小さな声で「クーチャン」と言う事があります
でも、明るいところに出ると言いません

私が他の部屋で長時間カタカタ何かをしていると
微妙なインコ語で「○○チャン…」と私の名前を呼びます
でも、カゴの前にいるときはほとんど言いません
「○○ちゃん」と目の前で言ってみても言いません

おしゃべりできることは内緒みたいです

20070317152651
お昼寝明けでモーンなくーちゃん

お水取り

「お水取りが終わると春が来る」と、奈良では言うそうな。
奈良に住むまではテレビで見る東大寺の二月堂ででっかいお松明を
うおーっと振り回して火の粉が落ちてくる映像しか知らなかった 

奈良に住むと、新聞の奈良版の欄にお正月明けから頃から
お水取りの用意がされていく様子を日々知ることができる
それを何気なく読み続けているうちに
だんだんお水取が身近なものに思えてきた

お水取りは私達が幸せでいられるようにとの願い
私達に代わって1年の罪科を十一面観世音菩薩に懺悔するために
大仏さんのお寺ぐらいにのほほんと見ていた東大寺で
準備から数えると3ヶ月にも渡って行われており、
お坊さん達がそのために1ヶ月も厳しい行をされていること
また、お松明の用意などそれを支える近隣の協力も不可欠な事
それが1250年も一度も途絶えることなく続いていることを知る

他人事のようにホオ~ッと感心していたお水取りが
実は、自分の去年のあれやこれやを
自分に代わってお坊さん達が観音さんにごめんなさいって
ものすごく厳しい行の中でお詫びしてもらっていて
それを支える人たちにも協力してもらっていて
なおかつしあわせを祈ってもらっていたなんて…しあわせ者だなぁって思った
そして、そんなありがたいことが1250年も途切れず行われていたって事は
ご先祖様の時からずっとずっと祈ってもらってたんだと思うと
すごくすごくありがたいことだなぁとなんだか胸が温かくなる

今年、初めて二月堂のお松明を見に行った
のんびり出かけたので二月堂の真下には行けずに
少し離れた駐車場からしか見れなかったけど
1本1本お松明の火がお堂に上がって燃えるのを見ていると
1年で溜まった何やかやの名残でモヤットしていた最後の残りが
勢いよく燃えさかり駆け巡るおおきなお松明の火で燃やされて
スッキリと春を迎えられるような気持ちになった



お水取りは15日に終わる。春が来る




○東大寺二月堂修二会(お水取り・お松明)

 東大寺二月堂の修二会(しゅにえ)は、天平勝宝4年(752)、東大寺開山良弁僧正(ろうべんそうじょう)の高弟、実忠和尚(じっちゅうかしょう)によってはじめられたと伝えられます。以来一度も途絶えることなく続けられ、平成13年(2001)には1250回を数えました。

 この法会は、現在では3月1日より2週間にわたって行われていますが、もとは旧暦の2月1日から行われていましたので、二月に修する法会という意味をこめて「修二会」と呼ばれるようになりました。また二月堂の名もこのことに由来しています。

 行中の3月12日深夜(13日の午前1時半頃)には、「お水取り」といって、若狭井(わかさい)という井戸から観音さまにお供えする「お香水(おこうずい)」を汲み上げる儀式が行われます。また、この行を勤める練行衆(れんぎょうしゅう)の道明かりとして、夜毎、大きな松明(たいまつ)に火がともされ、参集した人々をわかせます。このため「修二会」は「お水取り」・「お松明」とも呼ばれるようになりました。

 12月16日(良弁僧正の命日)の朝、翌年の修二会を勤める練行衆(れんぎょうしゅう)と呼ばれる11名の僧侶が発表され、明けて2月20日より別火(べっか)と呼ばれる前行が始まり、3月1日からの本行に備えます。そして3月1日から14日まで、二七ヶ日夜(二週間)の間、二月堂に於て修二会の本行が勤められます。

「修二会」の法要は、正しくは「十一面悔過(じゅういちめんけか)」といい、十一面観世音菩薩(じゅういちめんかんぜおんぼさつ)を本尊とし、「天下泰平(てんかたいへい)」「五穀豊穣(ごこくほうじょう)」「万民快楽(ばんみんけらく)」などを願って祈りを捧げ、人々に代わって懺悔(さんげ)の行を勤めるものです。前行、本行をあわせてほぼ1ヶ月、準備期間を加えれば3ヶ月にも及ぶ大きな法要とのこと。

チャンスだったのに~

今年は暖かいからか花粉が早くから飛び始めて
我が家の花粉症の旦那さんは苦しんでいるので
花粉の時期は洗濯物が外に干せなくて
洗濯物がはためくリビング暮らし
気化熱が奪われてちょっぴり寒い東向きの部屋の春です

先日、お誕生日月ということで上新電機から
一般家電10%OFFのハガキが届く
電化製品買うのってちょっとしたイベント気分で楽しいが
我が家の電化製品さんたちはみなさんお達者だし
つぶれてないものをわざわざ買い替える事も無いので
なかなか買う機会が訪れない
この時期にこのハガキ…もしかしたら…
これは空気清浄機のお買い物チャンスなのではないかしら!?

空気清浄機購入企画に興奮して夜に旦那さんに提案するも
「まぁ、特に買わなくてもいいでしょう」のお返事
旦那様は多くを持つ必要を感じない自由人気質なのです

花粉症ではない私には今のところ必要がない空気清浄機、
彼が必要でなければ特に買うことはないのです…
ああ、せっかくの電化製品購入のチャンスだったのに~
と、盛り上がりを見せていた私の中のお買い物大魔王が
とても悔しがっています

でも、私の物欲は熱しやすく冷めやすいから
盛り上がりが過ぎてしまえばいらなくなるから
やっぱり無駄遣いはしなくてもいいかな…

家で手軽にお祝いメニュー

結婚記念日ネタ続きですが…

記念日はいつも適当な白ワインを飲む事になってるので
切るだけ、もしくはフライパン焼くだけという
一見こじゃれた手軽な料理を作りました

結婚記念日メニュー
<メニュー>
ミニトマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ
プレスチキン
野菜のバターソテー
鯛のチーズ焼き
千切りサラダ
フランスパン

「結婚10年目おめでとうございます
 これからもよろしくおねがいします」と
お正月のようにご挨拶をした後はダラダラ飲み
このところお酒を飲んでいなかったので酔ってしまい
ごきげんさんで「明日お友達にあげるのだ~」と
夜の11時半に味噌おでんを煮てしまった

翌朝、鍋いっぱいの味噌煮を前に
「やっちまってるよ…」とつぶやくおいらなのでした

結婚記念日

3月9日は結婚記念日、今日でなんと結婚10年目です
「銅婚式になるのかな?」と旦那さんが言ってたので
10円玉で飾りつけでもしておこうかしら…

10年という年月は石田純一似だった旦那さんを角淳一似に変化させ
くびれが自慢の奥様の下腹に残念なお肉をつけましたが
10年一緒に過ごしてきた思い出と経験と
あうんの呼吸の2人のペースも作ってくれました
特別な事をしているわけではないんだけど
今も一緒にいるとなんだかうれしい(^^)

旦那さんは私にとっては

一番自分を心を許して自分を見せられる相手でもあり
一番自分を抑えなくてはいけない相手でもあり

一番弱い面を見せられる相手でもあり
一番強い面を引き出してくれる相手でもあり

一番きれいにかわいく見られたい相手でもあり
一番だらしない所を見せられる相手でもあり

一番安心できる相手でもあり
一番心配させる相手でもあり

一番無邪気に振舞える相手でもあり
一番大人になって接する事ができる相手でもあります

そんな私は旦那さんと居る時の自分が
一番いい顔をしているように思います

目指せ美・ウォーク

TVでデューク更家の「美・ウォーク」で
歩き方チェックを受けている人がデュークさんに
「あんた、手を前にばっかり振ってるわ
 きれいに見えるには手は腰より前に振らんのよ」
と、アドバイスを受けていて歩き方がきれいになってた

そういえば、私も手をブンブンよく振っている
それも前にばっかり振っていて後ろにはあまり引いていない

子供の頃は足が速くていつもリレー選手だったという
旦那さんに速さの秘訣を聞いたら
「ひじを後ろにグッと引いて体を前に押し出す」
と言っていたのも思い出した

そうか、私の歩き方って一見元気そうだけど推進力があまりないんだ
手をちょいっと出す割りに臆病な性格がばっちり出ちゃってるな
心と体はつながっているから、まずは体を積極的に…と
歩く時に手を後ろに振ることを意識し始めました
目指せ、心も体も美・ウォーク!なのです

鳥が教えてくれた空

以前、バードウォッチングが趣味になってきた頃に
深く心に残る本に出会いました



「鳥が教えてくれた空」三宮麻由子著 集英社文庫

この本の作者は、小さい頃に視力を失ったのですが、
そんなことは感じさせないほど積極的にいろんな事を楽しんでいて
その経験の中で、視力とは違う感覚から得る深い洞察、
自然の機微などが繊細にかかれています。

目の見えない彼女にとっては確かめようの無い空の存在を
「神様の箸休め」のような存在である鳥が
教えてくれたくだりに深く感動しました。

私も自分の事を三宮さんと同じく「私も箸休めではないかしら」と
自分の小ささをやさしくかわいく受け入れたい
そして、大きな出来事の流れに起こるいろんな出来事を
メインディッシュの横にさりげなくついている箸休めのように
散歩の中や旅行先で思いがけなく出会う鳥たちのように
思いがけなくて、実は手が込んでいるサプライズを楽しんでいきたいな…

街角の芸術品?

鉄のオブジェ?

近所のガレージ横にあった趣のある鉄のオブジェ?
近づいていろいろ観察したところ古い脱穀機と思われます
きれいに錆びてて鉄なのに何かあたたかさがあって
不思議に雰囲気のよさをかもし出していました

この冬ラスト?の味噌おでん

春に向けてだんだん温かくなってきてましたね
そろそろおでんの季節も終わりかな?とうことで
昨日の夜は冬の名残を惜しんで
今冬の我が家のスマッシュヒットメニュー
味噌おでんをガッツリ作りました
味噌おでん1

大根がいい色してて味がしゅんでおいしいのよ
こんにゃくに濃い味噌味が合うのよね
牛すじがどて焼きみたいになっていい感じだし
とうふも味噌で煮込まれておいしいのです
そして、なんてったってたまごが最高!
ご飯に乗っけてつぶして味噌のおだしをいっぱいかけると
なんともいえないおいしさなのですよ
味噌おでん2

具を全部食べきった後、おつゆを少し薄めてうどんを入れて
味噌煮込みうどんにして味わいつくしてしまいました

ズレてる…

なんか最近、自分自身からズレてる感じがする
そんな時は昔、ある方から教えてもらった指標、
それはインドの聖典「バガヴァッド・ギータ」に書かれている
サット=チット=アーナンダの状態にあるかを自分に確認する

サット・チット・アーナンダ(在・知・至福)の状態とは
 サット=在る:自分が今ここにいるという感覚を持っている
 チットー意識:混乱しておらずスッキリしている
 アーナンダ=歓喜:目に見えないものへの感謝の気持ちに溢れている


この状態から離れている時は、今ここに居る感が薄い
いつもの自分から少しズレているのを感じて居心地悪い

なんかモヤッとしてスッキリ感がない
迷う事が多くて優柔不断、混乱して正しい判断ができない
自分の発言がいつのまにか偏ってしまったり
普段そこまで言わないような事まで言い出したりする

そして、ありがとうやうれしいを感じにくくなる

放っておくと混乱が混乱を呼んで雪だるまみたいになる
変な風にこんがらがる事が身の回りにも起こってくる

いかんな~混乱に取り込まれているよ
自然の中を歩いたり、静かな時間を持つようにして
気持ちのいいスッキリした楽しい自分に戻るよう心がけよう

茂木一口香本家の元祖茂木びわゼ

20070218164336
以前お取り寄せ特集に載っていた茂木びわゼリー、
旅行の時に福岡空港で見つけたので誘惑に負けて買っちゃいました。
まるごと入ったびわが透明なゼリーに包まれていてキレイ
お味も上品な甘さでおいしゅうございました

もらっちゃった

散歩の帰りに近所の小学校の近くを歩いていたら
「すいません、いいですか?」と小4ぐらいの
おしゃれでかわいい女の子2人組に呼び止められました
何か落としたかな?と思って「はい、何か?」と聞くと
「私達チョコレート作ったんですけど
 よかったら食べてもらえませんか?」との事

あまりにかわいい申し出に「えっ、いいの?」と言うと
「ちょっと待ってください」とうれしそうにかばんから
一人は手づくりチョコとお菓子を入れるかわいい袋を
もう一人は小さいアップルパイとそのレシピを取り出して
私に差し出してくれました20070228210625

謎の組織がかわいい女の子を使って私を暗殺?
なんてダークサイドな考えも浮かびましたが
彼女たちがちょっと恥ずかしそうにかわいく笑っていたので
「ありがとう!おいしくいただくね」と笑顔で頂きました
なんかうれしくなってお家に帰ってすぐに食べちゃいました
2つともかわいい手づくりなお味でおいしかったです

顔を知らないかわいい女子から手作りチョコをもらうなんて
サッカーをやっている男子が顔も知らないかわいい後輩から
バレンタインデーのチョコをもらったような気分を味わっちゃったわ

Appendix

Profile

シロアジサシ☆

読書、散歩、昼寝、ペットのくーちゃんのかわいさを楽しむ、バードウォッチング、食べ歩き、バッチフラワーレメディ、シンプルでかわいいものチェックなど、日常の小さな事を楽しむ毎日を気ままに綴っています。

Extra

プロフィール

シロアジサシ☆

Author:シロアジサシ☆
読書、散歩、昼寝、ペットのくーちゃんのかわいさを楽しむ、バードウォッチング、食べ歩き、バッチフラワーレメディ、シンプルでかわいいものチェックなど、日常の小さな事を楽しむ毎日を気ままに綴っています。

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

サントリー愛鳥活動

オーラソーマ・タロット

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。