FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘナ初挑戦

髪の毛は少し茶色にカラーリングしています
でも、このカラーラングって体に悪そう…
美容院でカラーリングを受けた夜は
毎回寝変な汗をぐっしょりとかくので
悪いもの入れちゃってるなぁって体で感じます

でも、髪が黒々とすると顔のつくりとのバランスでもっさりする
髪の毛って顔の額縁だから色の印象も大きいから
やっぱりちょっと髪は明るい色にしたい

ということで、前から気になっていた
ヘナで髪を染めてみました

自然食品や漢方を扱っている薬局に行ったら
ヘナ100%でペーストになってるのを見つけたので購入
家に帰って汚れてもいいTシャツに着替え、
さらにごみぶくろをマントのように首にくくって
服を汚さぬ万全な体制を整えて、いざ、初ヘナ!

髪につけた瞬間「これって、ほぼ泥やん…」って感じ
ペーストでありながらちょっとザラザラした感じ
母の白髪染めのイメージがあったから
トロンとしたなめらかなペーストだと思っていたのですが
櫛やブラシでとかしながらできる感じではないのね

それでもペッタペッタと髪にしっかり塗りつけて
ラップ&シャワーキャップでしっかり頭を包んで待つこと1時間!
ヘナを洗い落として、髪を洗って乾かして完了

色づきは少し赤い感じの茶色になったかな?
美容院でするように色が変わった感はないのですが
まぁ、よしとしましょう

ヘナでの髪染めはやはり自然なものだったので、
その夜は寝汗をかくことはなかったです

スポンサーサイト

説明できなかったよぅ

先日の弟の結婚式の写真を遅くなったけど郵送する
ちょうど彼のお誕生日に近いタイミングだったので
せっかくだからプレゼントも一緒に贈る

プレゼントはちょっとおしゃれな古着屋で買ったTシャツ
ちょっと気の利いたデザインのを選んだのですが、
胸に書いてある英語らしきロゴの意味が分からない

奥さんがカナダの子だから変な英語はまずいと思い
店員さんに意味を確かめたのですが
70年代のアメリカの何かのイベントの
デッドストックTシャツなので
意味は僕も分かららないとのこと
「でも、まぁいいいや、おしゃれだし」と購入して贈った

昨日、夜遅くに電話が鳴ったので出たら
「ハイ!○○サン、Sデス。オ元気デスカ?」
おお!弟の奥さんのSちゃんから突然のお電話です

私「おお、Sちゃん!元気ですよ~」

S「M(弟)ノ Birthday Present  
 アリガトウゴザイマシタ
 アノ、Tシャツニ 書イテアル コトバ 
 Chinise? イミ ハ 何デスカ?」

私「えっ!…私も知りません…I don't Know…
  えっと…」

と、何とか伝わるように英語など入れて
どういう経緯のTシャツかを説明してみましたが
いかんせん乏しい英語力ではうまくいかず
お互いに困惑した空気が流れ…

S「Oh…Mニ カワリマスネ」

てな訳で、弟に受話器が渡り、
こういうもんだということを説明
その他、近況などあれこれおしゃべりして電話を終える

弟がうちの番号を回したら、変われと言って
私と交流しようとしてくれたSちゃん
すなおでかわいい子なうえに
私と誕生日が非常に近いらしく、
母や弟曰く、私となんとなく似てる部分があるらしい
お互いもなんとなく性格的に近いものを感じているので
お互い交流して仲良くなりたい気持ちはあるのですが
いかんせんコミュニケーションがうまくいかないので
毎回、話の終わり方が微妙になるのが残念です

<今回の教訓>
自分が簡単に説明できないものを
人に贈るのはやめておこう

バターケース

私はおいしいのでバターの方が好きなのですが
旦那さんが「バターは苦手、マーガリンがすき!」というので
苦手なものを無理にねぇ…と思って
我が家では長年マーガリン派でした

ところが、近頃耳に入ってきた話では
マーガリンに入っているトランス脂肪酸というのが
非常に体に悪いらしい
外国では含有量の表示が必須らしく、
日本で一部の商品が含有量を表示し始めた様子

そんなに体に悪いものなら、できたら避けたいので
バター派に転向への提案をしようか…と思っていたら
トランス脂肪酸の話をどこかから聞いてきた
最近、自らの体を気遣い始めた旦那さんから
「我が家もマーガリンを使うのはやめて
 バターにしましょう!」との提案があり、
私ももちろん賛成(^0^)

ということで、これまでマーガリンを使い切った所で
バター派への転向を果たしました

最初はアバウトなところのある旦那さんが
「これに入れときゃいいやん」と
前回まで使っていたマーガリンの容器に入るように
バターをブシッと半分に切って放り込んだのですが、
その容器が使い切りやすいように角が丸くなってたので
バターがツルツル逃げて使いにくいったらありゃしない

これは、バターケースが必要だな…と
家にあった普通のタッパーに入れてしのぎつつ
台所用品売り場に行けば売ってるだろう
ここのところスーパーや雑貨屋さんなどに行く度に
バターケースを探していました

ところが、驚いた事にどの店もバターケースが置いてない!

一応、切れ込みが入ってグラムが分かりやすいという
便利グッズなバターケースは何軒かで売ってましたが
これは以前に一度、購入したことのある
その便利な切り分けラインについたバターが
洗っても洗っても取れなくて困った代物なので
これを我が家のバターケースに採用する気にはならない

私が欲しいのは、バターナイフが入る
普通の四角いバターケース

台所用品って意外に長く使うから、
ちょこっと高くても気に入ったのいいな…なんて
ちょこっと欲張った気持ちはあったけど
まさか安物のプラスチック製のまで無いなんて!

バターは普通にどこのスーパーでも売っているのに
なんでバターケースはお店で売ってないの!!

ネットでもあまり売っているところはなく
おなじみ通販のベルメゾンでしか見つからず
まぁ、かわいいしシンプルだし洗いやすいし…と
そこそこ気に入った白い陶器のを購入しました

マーガリンはそのままケース入りで売ってるから
バターケースを買う人って少ないからかだろうけ
まさか、こんなにもバターケースは売ってないというのが
なんだかすごく意外でした






思わぬお褒めのことば

最近、少しおしゃれ心が芽生えつつも
パワー不足&弱気になってて
キラキラした洋服屋の勢いが辛くて
服を買う、ということを重く感じていた

つい先日、ちょっとご機嫌だったので
なんとなく入った事のない古着屋に入ったら
気兼ねのないお値段で気軽なかわいめな服があって
ちょこっと一歩踏み出してみるか…
という気になって1着買ってみた

そんな気持ちになった自分と
いつもより少しかわいめの服を買えた自分が
なんかうれしかった(^^)

気がつけば、そこは古着屋さん
これまでは手を出さなかった古着ですが
新品がこなれたリラックス感の心地よさが
自分に合う気がした

おお、自分に対する新しい発見!

うれしくなって、近くの別の古着屋ものぞいてみると
明るい気楽なかわいい女の子の店員さんが
ラフに応対してくれたので
あれこれおしゃべりしながら服を選んだ

このところ、素の自分に対して自信を失っていたので
楽しみつつも、微妙に発言が弱気で
ことばの端々に「自信がない」が出る私…

店員さんとは、楽しい気持ちだけど
受けを狙う自信もないので
そこにある服への自分の印象など
普通に思ったことを普通のテンションで話してた

でも、自分では全然検討がつかないのだが
店員さん的には、かなりおもしろかったらしく
えらく気に入ってもらったようで話が弾む
最後の方では初対面に関わらず
「ねえさん!」とまで呼ばれる

そして、お手頃価格も手伝って何着か選んで買う時
「ねえさんはおもしろいっすよ!
 自分にしっかり自信持っていいっすよ!!」と言ってもらった

思わぬ人に、素の自分に対して
お墨付きをもらったような気がして
人に存在を受け入れられるような付加価値を
あれこれ無理してつけようとしなくても
普通にしててもいいんだな…と
なんだかフッと力が抜けて楽になった

ありがとね、かわいい店員のおねえちゃん

七夕の願い事

先日、朝一番に図書館から電話があり、
私の借りている本5冊が延滞していて
そのうち1冊に予約が入っているので
なるべく早く返却くださいと連絡が入る

他の本はしっかりした小説だったのだが
その予約が入った本がよりにもよって
叶恭子さまの「3P(トリオリズム)」

美容その他について書いてあるかと思って
他に借りたい本がないし…と、借りてみたら
その内容たるや、恭子様のあまたの金持ちや
グッドルッキングガイをメロメロにする
すっさまじい体の妙技のお話や
怪しいパーティやめくるめくメイクラブのお話満載

杉本彩のエロ度なんて3歳の女の子に見える程の内容で
読み終わったあと「すごいものを読んでしまった…」と
1時間ぐらい呆然としてしまった本だっただけに
あまりの恥ずかしさに「ヒーッ!」と悲鳴を上げながら
その日のうちに、慌てて駅前の図書館に返却に走りました

駅から図書館へ向かう途中の商店街では
何本も七夕の笹が飾ってあって、
いろんなお願いをかいた短冊がついているのをみて
「そうか、今日は7月7日の七夕だった」と気がつく

短冊をかけるように机とペンが用意してあった所で
ゆかたのお姉さんが「どうぞ、書いてくださいね」と
声をかけて、短冊を手渡してくれた

七夕は天の川のお祭りでもあるので
川の神様の弁天様とも深い縁がある
パワーが強い事で有名な天河弁財天神社は
お空の天の川の河の神様として弁天様が奉られています

私がなぜか弁天様にとても縁が深い様で
以前、ものすごく大変な時にすごく助けて頂いた事もあり
私にとっては、まるで上のほうのやさしいお母さんみたいに
親しみを感じている神様

この前の巳年には、いろんな用事や偶然が次々と重なり
1年の間に竹生島、厳島、江ノ島、金華山、天河の
日本の五大弁財天をお参り制覇できてしまったのには驚いた
(弁天様→川の神様で巳が眷属なのです)

日本の神様は、神社に行けばいつでも会えるけど
呼んでもらってこそ行ける縁ができるというもの
わざわざ広島やら仙台やらにまで行ける様に
呼んでくださったと思うと、本当にありがたい事です

今回も、弁天様がわざわざ七夕の笹のある所まで呼び出して
「お願い聞いてあげるから、書きなさいね」って
やさしくチャンスをくれたみたいに思えて
とてもうれしかったので、一生懸命書きました

「みんなが元気に楽しくしあわせに
 毎日を過ごして満たされて暮らせますように」

我ながら、とてもよいお願いができた!と満足して
七夕飾りの笹にしっかりくくりつけてきました(^^)

さくらんぼ三昧

先週、旦那さんのご両親が
山形のゆりフェスティバル参加のついでに
さくらんぼ狩りをしてきたと
さくらんぼ、それも佐藤錦をいっぱい送ってくださいました

日本のさくらんぼってすごくおいしいけど
お高いから毎年食べてもちょびっとだけ
それでもさくらんぼを食べたい気持ちを
ちょっとお安めのアメリカンチェリーで
チミチミとごまかしておりましたが
送っていただいたさくらんぼはなんと500グラム!

旦那さんは果物をあまり食べないので、ほぼ私の独占状態!
プチさくらんぼハーレムで笑いが止まりません(^0^)
お友達のおすそ分けしつつも
この先3年分のさくらんぼ欲がみたされるぐらい
しっかり堪能いたしました

Appendix

Profile

シロアジサシ☆

読書、散歩、昼寝、ペットのくーちゃんのかわいさを楽しむ、バードウォッチング、食べ歩き、バッチフラワーレメディ、シンプルでかわいいものチェックなど、日常の小さな事を楽しむ毎日を気ままに綴っています。

Extra

プロフィール

シロアジサシ☆

Author:シロアジサシ☆
読書、散歩、昼寝、ペットのくーちゃんのかわいさを楽しむ、バードウォッチング、食べ歩き、バッチフラワーレメディ、シンプルでかわいいものチェックなど、日常の小さな事を楽しむ毎日を気ままに綴っています。

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

サントリー愛鳥活動

オーラソーマ・タロット

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。