FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

She was flown to the Heaven

なぜかこの日は雲の写真をすごく撮りたくなって、何枚も空を撮りました。
家に帰ると、ずっとそばにいるように感じていた
愛する小鳥の気配が消えてしまっていました。
いろんな雲が漂う空は、絵画のように印象的でした…
雲① 2008年5月30日

雲② 2008年5月30日

雲③ 2008年5月30日

雲④ 2008年5月30日

雲⑤ 2008年5月30日
スポンサーサイト

学ぼうとする者にだけ、それは現れる

以前、大好きな安田顕が出演しているという事で録画していて
まだ見ていなかったテレビドラマ「先生はエライッ!」を見ました。

これは、実在した先生のドラマをドラマ化したお話らしい。
別に熱血でもなく淡々とした、ちょっとうざめの英語の先生、
名字が宇佐木(うざき)だから「うざ先」なんて呼ばれていた先生の話。

でも、チョイ役で出演した安田さんが
「本当にいいドラマだから、ぜひ見て欲しい!」と言っていたので、
今日なんとなく見てみたら、すごくいいドラマだった!

ストーリーの流れで、自分の担任の先生を進学校に通っている
元同級生にいい先生と自慢したくなった3人の生徒が
担任のうざ先に「いい先生になってください!」言うと、

「私がいい先生じゃないというなら、私をいい先生に変えてくれ。
 自分で自分を変える気は一切ない。
 それでも君たちが本気でいい先生に出会いたいと思うなら、
 君たちで、先生を変えろといっているんだ。
 君たちは、変える努力をこれっぽっちもしていない。」

先生の言ってる事がよく分からない彼らは
彼らなりにどういう事か考えてみる…

別の場面で、他の先生にうざ先は質問された。
「宇佐木先生はどうして先生になったんですか?」
うざ先の答えは、こうだった。

自分が先生になったのは、中学のときに
素晴らしくいい先生に出会ったのたきっかけだった。
英語の苦手の僕に熱心に付き合ってくれて、一生懸命教えてくれた。

でも、その先生は最初からいい先生ではなかった。
そして、彼は大切な事に気づいた。

「学ぼうとする者にだけ、それは現れる」

そして、
「それを、僕は生徒達に気づいて欲しかっただけだなんだ」と言った。

人を変えるって事はむずかしい。
同じ事をやっても、どこに主体があるか?
モチベーションの問題…物の見方を変えるということ…
夜に1人で部下のコーチングに悩む父親の言葉を聞いて、
主人公の生徒は大切な事に気づく。

変わる必要があったのは先生ではなくて
自分達だということに彼らは気づく。

そしてその事を友達と話し、気が付いた事をうざ先に報告しに行く。

「生徒は学校は選べても、先生まで選ぶことはできない。
 覚えておくといい、君たちが今気づいたことを。
 この先どんな先生が目の前に現れようと。
 結局学ぶべき師というのは、学ぶ側の心にかかっている。
 ようするに『先生がいい先生か?』の答えは自分達の中にあるんだ」

そして、自分の情けなさを知っているということは、
大人への入り口に立っているということだ、と教える…

私は、学生時代にある事で深く傷ついて、先生という存在に絶望した。
エスカレーター校にいたから、勉強は適当にやっておけば進学には差し支えない。

先生のためや成績のために勉強することに何の意味も見出せなくなり、
私はそういう事に見切りをつけて、自分が分かるためだけに勉強した。

そうしたら、それまでずっとクラスの中ほどだった成績が
気にもしてなかったけど、常にクラスで上位に入るようになった。
だからどうだって事はないけれど成績はいい方が、
選択の余地は広がるんだな…という事は知った。

大人になって、自分を省みるということを覚えて
心の師と思えるすばらしい人達に会えた。

これから先、まだまだ素晴らしい人達に会えるかは
自分次第なんだろうな…

でも、まだまだ変わる余地は充分にありそう(^^:)

でも、いいんだ。
なさけない自分を知っているって事は、とても大切な事だから

インテリアで奈良を楽しんでみました

我が家に来られる方は、気をつけて!
鹿にぶつかってしまうかもしれませんよ(^_-)-☆
20080531143631

木に竹生えてて驚きました

お仕事でお疲れ旦那さん&体力なし奥さんな我が家の土日は、
もっぱら1日は休憩or旦那さんがちょっと仕事に行って、
もう1日は昼頃までゆっくりしてから
奈良公園あたりまで家から歩いて散歩というパターン。

今年に入ってからやけに観光客が増えたと思っていたら
なんでも、ドラマ「鹿男あをによし」効果で
5倍くらい観光客が増えているらしい…スゴイ!

鹿たちもいっぱい鹿せんべいをもらうようになったみたいで、
「おなかいっぱいだから、まったりしてます」と
座っている子が多いです。

それとは別に、観光客が不用意に捨てたゴミを食べてる子もいる。
そんな時は「これは身体に悪いから食べちゃダメ!」と言って
取り上げて、ゴミ箱に捨てるようにしています。

ちゃんと言ってから取り上げるからか、気持ちが伝わるのか
食べているものを取り上げられても「あ…」て感じで
鹿に怒られたり、噛まれたりしたことはないです。


今日も雨が上がったので、昼過ぎからテクテク散歩。
帰り道にいつもと違うルートで公園から出る途中、
大きな木の上から竹が生えているのを見つけてビックリ!

奈良公園内の竹が生えてる木


すぐ近くに竹やぶがちょこっとあったので、それが生えたみたい。
でも、竹は地下茎から増えるはず?
すごく大きな木(名前は忘れました)で、
説明の札も立っていたので、そうとう古い木みたい。
きっと、あの木の中に竹の根が入り込んで
木に竹が生えるという変わった姿になったんだろうな。

いやいや、奈良公園は奥深いです。

散歩から夕方帰ってきて、歩き疲れてなんとなく寝てしまい、
気が付いたら夜の11時半でした(^^;)

6時間も爆睡したので、こんな時間に日記書いちゃってますf(^^;)
TVの天気予報によると、リオデジャネイロは明日晴れらしいです。

お気軽なお昼ごはん

20080522232845
1人分のお昼ごはんを作るのって正直めんどくさい。
でも、インスタント物はあまり好きじゃない。
なので、手軽に作れる丼になっちゃいます。

最近のお気に入りは「おくらシーチキン丼」
作り方はいたって簡単&アバウトです(^^)

<材料>1人分
・ごはん お茶碗に少なめ1杯
・豆腐 1/2~1/4丁(ごはん少なめの増量分)
・ノンオイルのシーチキン 1缶
・オクラ 2~3本
・かつおぶし 適量
・ゴマ 適量
・しょうゆ 適量

<作り方>
①ごはんは冷めてたらレンジで温める。
 豆腐もチンして温め&軽く水切りして崩す。
 シーチキンは缶汁を切る。
 おくらも小口切りにしてレンジで温める。
②丼に①のごはん、豆腐、シーチキン、オクラ、かつおぶしとゴマを上にのせ、
 しょうゆを好みの味の濃さ分かける。
③具がまんべんなくごはんと豆腐に行き渡る様に よく混ぜながら食べる。

オクラの粘りがいいつなぎになっていいのです。
卵や山芋だと重くなるし、
ねぎより嫌みがない味でシーチキンとも合う所がまたイイ!

近所のジャスコで冷凍小口切りオクラが売っていて
私はそれを使っているので、レンジしか使わずに作ってます。

楽チン&ヘルシーでおいしいので、
よかったらお試しあれ!

おいしい水を返して欲しい!

私が育った町は、日本で2番めに面積が小さい市町村。
麒麟の田村の「ダンボール中学生」の売り上げと
町の1年間の予算と同じという小じんまりとした町。
地名に由緒があるので、市町村合併はせずに、
そこそこ便利な場所なので、小規模に地方自治が行われている。

この町のすごくいいところは「水がおいしいかった」という所。

その水は、サントリーウィスキー「山崎」が作られている
ミネラルウォーターで売っているあの「山崎の水」です。
だから、サントリーウィスキーの山崎10~12年のを飲むと
「ああ、実家の水の味がする!」っていつも思う。

昔は水道水も、地下水100%だったから本当においしかった。
でも、10年前から今後の使用水量が増えるだろうから…と、
京都府と契約して、どこかの浄水場からの水を
混ぜているのか、全部切り替えたのか…
結婚して家を出てからの話だから詳しくは知らないけど
今の実家の水は、カルキ臭くて飲めたもんじゃない。

それに少ない人口に対し、予想使用水量を大きく割っている。
その上、府がそのためにダムを作った分の負担とかで
異常に水道料金が上がった。
それも、2人暮らしで5,000円ぐらいも!ってレベル。

少し前にあった町長選では、共産党から立候補者が
水道を地下水に戻すとの公約を挙げてが当選した。

そして、今日のニュースで町が府相手に
契約違反として裁判にまでもつれ込んでいると聞いた。

町の人の思いは「おいしい水を返して欲しい!」

私も切実に思ってる。
「私のふるさとの水の味を返して欲しい」と。

鹿さんぽ<その2>

その後、「せっかくの『鹿さんぽ』ですから…」と奈良公園に足をのばし、
私の奈良公園でのお気に入りポイント、飛火野へ向かいました。


飛火野はのびやかで広々していて、穏やか。
木々の間を歩くのも好きですが、広い空と緑の飛火野は
いつ見ても気持ちのいい場所です。

飛火野の景色
飛火野の景色

飛火野の大きなイチイの木
飛火野の大きなイチイの木

残念ながら、GWには咲いていなかった藤は
花の季節も終わり、青々と葉を繁らせていました。
もし藤が咲いていたらポイントは違うけど、こんな感じだっただろうな…

藤と鹿
満開の藤と鹿(ポストカードより)


夕方は、山に帰る前の鹿たちが寝床に帰る前に…と
草を食べに飛火野に集まってきます。

夕方の飛火野の鹿たち

夕方の飛火野の鹿たち2
飛火野にくる鹿は、メスや小鹿が多いのでなんとなく穏やか。
夕暮れ近くに広々とした気持ちよい景色を堪能(^^)

その後は、浮見堂のそばを通って駅までのんびり歩く。
鷺のフェンス越しに見る浮見堂
鷺のフェンス越しに見る浮見堂

駅からは、スィーッとバスにて帰宅して、お散歩は無事終了。
5月の爽やかな日の『鹿さんぽ』でした(^^)

鹿さんぽ<その1>

最近、眠くて眠くてしょうがない。
寝てしまわないように我慢するんだけど、
夕方4時ぐらいに睡魔に負けて
夜の8時ぐらいまで寝てしまう事が続く今日この頃(^^;)

起きていても、パソ太郎をパコパコしている間に
夕方を迎えてしまう事が多い。
う~ん、これは、あまりにも不健康&運動不足過ぎる生活…
我ながら「こんな生活をしていてはイカン!」と思っていたので、
せっかくのいい陽気、今日はお散歩をすることにしました。

玄関に「鹿飛び出し注意!」のステッカーを貼りながらも
家に鹿的なオブジェがないのは詰めが甘いのではないか?
やっぱり、部屋に何か鹿グッズを仕込む必要があるな…と考え、
先日買った雑誌の奈良特集「かわいい奈良」に載っていた
かわいくてシンプルな鹿グッズがあるお店に行くことにしました。

ちょうど我が家と駅の間ぐらいの所にお店があるので、
「今日は鹿を探すお散歩、題して『鹿さんぽ』ね」なんて思いつつ、
お店に向かって30分くらいポチポチ歩く。

ハルジオンが咲く
途中の団地の草原は、
雑草が小さな花を咲かせていてかわいい(^^)
やっぱり、お外に出なくちゃね!

お店はやすらぎの道にあるビルの4階の「ジュエヌ」
小さな手作り小物&アンティークグッズ屋さん。
本当に小さいお店だけど、窓からは高円山が一望できる
気持ちよさそうなベランダがあり、
ちょこっとお茶も飲めるようになっていて、
なんとなく居心地がいい(^^)

一通りお店の商品をチェックして、目星をつけた所で
歩いてきて喉も渇いたので、アイスティーをお願いして
飲みながら、ほっこりお店の方とおしゃべりを楽しむ。

「奈良駅近くでは小さな雑貨屋さんが増ましたね」
と言うと、ここ3~4年ぐらいで急に増えてきたみたい。

こういうお店をしていると、なんとなくつながって
いろんなお店の人と知り合いになるけど、
皆さんそれぞれの趣味で小さくやっているので、
不思議と置いてる商品がバッティングしないんですって。

買出しなどで奈良では不定休のお店が多くて
東京などのお客さんなどにとっては
「奈良って不定休のお店、多すぎない!?」って感じらしい。

なんか、そういうのんびりマイペースな所が奈良っぽい♪
「お店で儲けて生活しようと思ったら、
 奈良で店は出来ませんよ^^」という感じでやってるらしい。

奈良のかわいい昔ながらの郷土みやげ「五色鹿」の作者さんも
住んでいる所がご近所で、お知り合いとのこと。
両手に杖をついているぐらい、かなり高齢な方で、
気が向いた時にだけ作って、気に入ったものしか売らないから
品切れが多い…という話から、どんどん話が脱線…

奈良は、おばあちゃんの生存率が高いとか、
銭湯前はおばあちゃんカートが縦列駐車で渋滞している…など
地元ならではの日常プチおもしろ話を教えてもらう。

つい長居をしてしまった後、気に入ったものを購入し、
前からかわいいと思いつつスルーしていた五色鹿、
作者がそんなに高齢だと、いつ買えなくなるか微妙だな…と思い、
駅近くの五色鹿を売っているお店に行って購入しちゃいました。

五色鹿
かわいい奈良の郷土みやげ「五色鹿」

鹿グッズ巡りが一段落ついた『鹿さんぽ』
せっかくなので、本物の鹿にも会いに行くことにしました。


※長くなったので<その2>に続きます

うっかり映ってました(^^;)

先日観覧に行った「上方漫才まつり」の放映が土曜日にありました。

漫才の合間に、楽しそうに笑ってるお客さんが
ちょこちょこアップで映るんですね。

見てると、席順引換券を待っているときに
待ってる間のヒマつぶしに隣の初対面の女の子と
なんとなくお笑いの話をしていた時、
その子が、近くを歩いていた頭が寂しめのおじさんを見て
「あそこに、のいる・こいるが来てる!」と言い出し、
私が「上方漫才まつりに東京ののいる・こいるは来ぃひんて」
と言ってたら、私たちの前に並んでる奥さんのご主人な事が判明!
「あかんて!まずいって!」と盛り上がったおじさんが映る。

へーっと思いつつ、自分は前から4列目のど真ん中やったから
「カメラの角度的に顔は映らへんやろう」と
その時は、カメラなんて全然気にせず大笑いしていたのですが…

放映見たら3~4回、爆笑する横顔をアップを抜かれてて
「うそっ!」て驚いちゃいました。
確かに、めっちゃ笑ってたしなぁ(^^;)

自分の横顔ってあまり見る機会がないから
最初気づかなかったけど、いい加減気が付いて
「私、こんな顔やっけ?」って思いました。

楽しかったから、ま、いいか(^^)

映画「たとえ世界が終わっても」

DVD「たとえ世界が終わっても  CYCLE SOUL APARTMENT」



不思議なアパートの管理人のもと、自殺サイトに応募した女性と
ガンで治る見込むがない中で静かで思いやり深い男性の静かな深い縁が繋がる…
静かに胸に染みてくる、ステキな作品です。

脚本に強く役のイメージを持つ監督のまさに!の配役、
特に男性役にはまる人が見つからず探し抜いてやっと見つけた安田顕、
彼自身の静かで深く優しい人間性が見事にこの物語を昇華させています。

母の日のプレゼントって悩みます

今週の日曜日は母の日ですね。
うちの母は、誕生日もその頃なので毎年何か贈っています。

ちなみに旦那さんのお母さんには
「気を使うからやめましょう」と提案してくださったので、
お言葉に甘えて贈ってません(^^;)

金曜日に西大寺に用事があったので
ついでに奈良近鉄にプレゼントを探しに行ったのですが
かばんも傘もいろいろ贈ってきたし、
靴はサイズがあるし、食べ物も1人だと余るし…と悩みまくり。
38年も娘をやってると、贈るものも無くなってくるってもんです。

探しに探して結局力尽きて、スタバで休憩して帰りました。

帰ってから母に電話して「欲しいもの何かある?」と聞いたら
「う~ん、今コレっていうもの無いなぁ」との答え。
結局、日を合わせてバスで奈良観光することに話がまとまりました。

奈良は狭いし、静かやし、そんなに歩かなくてもいろいろあるので
疲れなくていいと母は気に入っている様子、
とりあえず、おろそかにする事なく感謝を示せそうでよかったです。

爆睡&まったりなGWでした

少し前から、PCをあれこれやり過ぎた疲れが出て
GWは毎日のように、昼寝して気が付けば夜(^^;)

寝れば起きない、起きても小1時間は動けないので
割り切りのいいうちの旦那さんは勝手に散歩したり、
ジャスコでいるもの&発泡酒を買ってきて
サッサと夕食に自分のダイエット用を兼ねて鍋を作っていました。
(最近旦那さんは、簡単なお料理に目覚めているのです)

「奥さん、ごはんができましたよ」と起こしてもらうのは幸せだが、
専業主婦なのに、おいら何やってるんだろう…と反省

毎日寝て、ジャスコぐらいまでしか歩いていないGWに
「これはいけませんな…」ということで、
子供の日に奈良公園まで旦那さんとテクテク散歩しました。

さすがGW&最近の静かな奈良ブーム+鹿男効果!
なんじゃこりゃ!っていうぐらい人がいて驚いた。

鹿も、あまりの人の多さに山のほうに避難している模様。
いつも集まっている場所にもいないし、数もかなり少なめ。

私たちも人ごみが好きでないので、
奈良公園の中でも人の少ないスポット≒鳥が見られる場所を
選んで歩いたり、休憩したりしてました。

今回の目的は、お気に入りの野生の藤が咲いているのを見る事。
春日大社の砂ずりの藤や、藤苑もキレイだけど
私はこの藤が奈良公園の中で一番キレイだと思っている木。
静かで、すごく背が高くて、絡まる木にはヤマガラが巣を作ってて
なんかイイ感じなのですが、残念ながら影になっている所なので、
日当たりの関係で、まだ3分咲きといったところでした。
奈良公園の野生の藤

さらに人を避けるようにポチポチ奈良公園を歩いて
鳥に気が付いたら、ちょこっと双眼鏡で見てホッコリ。
最近、家の中ばかりにいたのでいい充電になりました(^^)

帰ってから、やっぱりちょっと寝てしまい、
ジャスコで出来合い&旦那さん作コールスローサラダ食べて
ドラマ見て、旦那さんは疲れたので早寝。
おいらはちょこちょこネット(だから疲れるんだってば!)

本当は行こうかな…と思っていた所はあったのですが、
お互い疲れが出た時期だったので
世間の旅行やお出かけとは縁のない、
ゴロゴロまったりなGWになっちゃいました。

ここも奈良ですから…

前に作ったバッチフラワーの講座の資料や
チュートリアルの動画や写真など、
PCデータの整理が一応できました。

ちょっと無理しちゃったな~
またまた脳みそメルトダウン感…
昨日はいいとも終わりから記憶がなくなって、
目が覚めたら、夜の8時半でした(^^;)

今日は旦那さんはゴルフ、
私はまったりのっぺり過ごしております。

でも、ここは奈良公園から離れているとはいえ
歩いていける距離ではあります。

あまりに気を抜いてのんびりしていては、
いつ鹿が飛び出してくるか分かりません!
踏まれたら偶蹄目なチョキの足跡が付いて危険です。

ということで、玄関に「鹿飛び出し注意」を促してみました。
鹿飛び出し注意ステッカー


おちゃめ心とステッカー購入による鹿愛護団体への貢献の共存、
まさにWIN WINなお遊びです(^^)

Appendix

Profile

シロアジサシ☆

読書、散歩、昼寝、ペットのくーちゃんのかわいさを楽しむ、バードウォッチング、食べ歩き、バッチフラワーレメディ、シンプルでかわいいものチェックなど、日常の小さな事を楽しむ毎日を気ままに綴っています。

Extra

プロフィール

シロアジサシ☆

Author:シロアジサシ☆
読書、散歩、昼寝、ペットのくーちゃんのかわいさを楽しむ、バードウォッチング、食べ歩き、バッチフラワーレメディ、シンプルでかわいいものチェックなど、日常の小さな事を楽しむ毎日を気ままに綴っています。

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

サントリー愛鳥活動

オーラソーマ・タロット

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。