Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リモコンをお掃除

我が家のテレビは結構長持ちさんで15年もの。
もうBS受信機部分は壊れて映らないけど
他のチャンネルはまだまだキレイに映っています。
使える物を捨てるのもなんなのでデジタル放送に切り替わるまでは使うつもり。

毎度NHKの集金の方に「このマンションはアンテナついているからBS料金を払ってください。
 映らないテレビというなら、チャンネルを見せてください!」攻撃を受けるけど
「BS受信機だけ壊れてて衛星放送は見れないんです。
 チャンネル見るならBSが映らないのも上がって確認してください!」と返事をすると、
「いや、そこまではいいです(-.-;)」と見事に引き下がらはります。
だって本当の事だも~ん。

そのテレビのリモコンの反応が鈍くなって
ムシィィィーン!て力を入れて押さないとチャンネルが変わらなくな。ました。

私はちょっとした修理なら自分でやっちゃう方、
差し込みがユルユルになったコンセントぐらいなら
部品買ってきて直しちゃいます。

リモコンって指からの脂で中が結構汚れてて
ボタンと基盤の接触が悪くなると反応が鈍くなっちゃう。
ということで、軽く分解して綿棒でお掃除しました。

地道に綿棒で汚れを拭き取ってみたら…
いや~結構汚れてました。
これは力入れて押さないと反応しない訳だ(^^;)

お掃除してキレイになったリモコンを組み立ててボタンを押すと
まぁ軽やかにチャンネルが変わる事♪
この勢い、2011年まで今のテレビが持ちそうです。
スポンサーサイト

モンシュシュの堂島ロール

20081128004223
大阪の堂島方面に仕事に出かけた旦那さんが
打ち合わせ相手の方からお土産にどうぞと
モンシュシュの堂島ロールをもらってきました。

「これが噂の堂島ロール!」ともうウキウキo(^-^)o
どうせ旦那さんは甘い物は食べないし…と
疲れて寝ているのを尻目に早速よばれました。

ミルクの味わいがフワッと香る軽い口当たりの極上の生クリームが
シフォンケーキのようなフワッフワのスポンジに巻かれて
すっごくすっごく美味しい(^O^)
一口食べては口に広がる美味しさを浸りつつ
とりあえず今日は2切れいただきました。

こんな美味しい堂島ロールが丸1本私のもの♪
明日も浸りながらまったりたっぷりいただきます(^_-)-☆

携帯復活(^O^)

電池パックが届いて携帯が無事復活しました!
せっかくなので待ち受けもかわいくしてみました♪
縦待受はPOP、横待受はクールと
2パターンの趣味指向のある自分らしくて
なんだかいい感じです(^-^)

「TEAM NACS FILM TOUR N43」に行ってきました

TEAM NACSをご存知ない方には
分からない内容がダラダラ長々書いてあるだけですが、
好きに書いてる覚え書き観覧日記ということで
ご容赦くださいませm(__)m


ご存知大泉洋がいる演劇ユニットTEAM NACSの5人が
監督・脚本を手がけたショートフィルムの全国上映ツアー
「TEAM NACS FILM TOUR N43」の19日Zepp大阪・昼公演に行ってきました。
上映後には5人そろってのアフタートークもありました(^0^)

  ※ちなみに「N43」は札幌の場所、北緯43度のことです。


前日の札幌から移動して18,19日の昼夜に行われた大阪公演、
最強晴れ男のもリーダーと嵐を呼ぶ男の大泉洋の組み合わせで
その日の天気はどうなるの?と心配していたところ、
安田さんの「ボク、大阪すきなんだよね~」と低音でつぶやく
陰・暗・鬱のパワー?がミラクルを起こしたのか・・・

結果、快晴ながら彼らとともに木枯らし1号が吹き、
突然1月下旬並みの気温に急に下がるという
なんともNACSらしいオチのついている天気になりました。

映画の内容は5本見事にバラバラ!
本当に個性の違う5人が集まってるんだなぁと
メンバーも言ってたことを実感しました。
内容はネタバレになるので割愛します。

5本の作品の上映が終わってアフタートーク紹介の映像が流れる。
会場のみんなが「5人に会える!」とワクワクしていたら
「Zepp大阪の皆さん、こんにちはぁ~!」の声...?

「あれ?いつものもリーダーの大声挨拶と声が違う?なんだ?」
と、会場がとまどって微妙な反応になっているところへ、
もリーダーを先頭に5人がステージに。

もリーダー(モリ)が時間ギリギリだったので、
代わりに洋ちゃんが出の時の声を言ったとのこと。

モリ「オレ、間に合ってたよな。
   オレいるのを確認して、あえて言っただろ」
シゲ「ほら、お前が言ったからモリちょっと落ち込んじゃってるぞ」
モリ「うん、ちょっと落ち込んだ」
安田(黙ってニヤニヤしている)
大泉「それに会場がいつもより盛り上がらなかったしな」
シゲ「やっぱり、リーダーには勢いがあるからな」
大泉「じゃあ、やりなおそうか」

ということで、5人ぞろぞろ戻っていって
もう一度アフタートークが始まる紹介映像が流れる。

モリ「お~お~大阪のみなさ~ん!こんにちは~~~~!」

もリーダーの大声のタメの入った挨拶に会場大喝采!
満面の笑みでガッツポーズをしまくるするもリーダー(^0~)
あいかわらず素直でかわいい人です。

大泉「ここで言うのもなんだけど、
   広島の時は誰が言うかじゃんけんで決めない?」

シゲ「いや、おまえ以外の4人はリーダーでいいと思ってるよ」
モリ・安田・音尾(うなづく)

という、なんともリラックスしたオープニングで始まりました。

各会場でしている座り続けだからちょっと立ちましょう…
ってことで伸びや深呼吸などをして着席。

「皆さん、平日なのにどうやって来ましたか?」な入りから
「大阪以外から来ている人はどのくらいいるのかな?」
との問いかけに、大阪以外の人が結構手を挙げる。

だって京都や兵庫や奈良やその他、いろいろ来てるもんね。

「何処から来たの?」との問いかけに
元気なファンが「和歌山!」と叫ぶ

「和歌山の何処?」「ありだ」「ああ、みかんの」
「えっ、『ありた』じゃないの?『ありだ』なの?」
「『ありだ』!みかん買って!」のやりとりに

大泉「おまえはみかん売りか!
   おまえだけとしゃべんじゃねぇぞ!」
モリ「オレ、南紀白浜サファリ好きなんだよね」
シゲ「ほら、また関係ない話をつなげるなって」

モリ「関係ないついでに、ここの隣のワインレストラン(?)
   今日やってる?もう、つぶれたの?」
会場「つぶれたよ!」の声
モリ「そうか…もうないのか…」と寂しそうな声。

よく考えると、11月の第3木曜日はボジョレーヌーボ解禁日。
ワイン好きなリーダーは飲みたかったんでしょうねぇ。

で、もリーダーと洋ちゃんがここのところの日課の
朝の散歩をして何を食べたとかの話。

インデアンカレーの後、「おにぎりあたためますか」で行った
うどん屋さんに「小田巻き」を食べに出かけたとのこと。

音尾「インデアンカレー、好きだねぇ」
大泉「なんかねぇ、クセになる味なんだよねぇ」
音尾「オレはそんなに好みじゃねぇな」
シゲ「他の3人はそれほどだけど、お前ら好きだなぁ」
安田(黙ってうなずく)
大泉「なんかねぇ、クセになる味なんだよねぇ」

カレーの後、うどん屋さんに行って小田巻きを頼むと
「小田巻きは前日に予約が要ります」と言われたので
洋ちゃんは「けつねうどん」(きつねうどん…大阪などでこうも呼ぶ)
モリは「かきおじや(牡蠣入りおじやうどん)」を食べたそうです。

後は、名古屋でモリ&大泉が朝の散歩をしていたら
モリがおばちゃんの写真を撮ってあげたとか
写メールでモリがうまく入らなかったとか

Yahoo!ニュースで音尾くんの結婚が載っていて
誰より俺たちが一番ビックリした!とか…な話が
タラタラとなんとなく続いてから
それぞれが映画についての話をちょこっとずつする。

この時に映画のネタバレ防止のために中がシークレットになっていた
シゲちゃんと安田さんのグッズについて映像を映し出しての説明。
私は安田さんが好きなので安田作品のポストカードを買いましたが、
その中身が映し出された時に会場からか細い悲鳴がザワザワとあがる
なんとも言えないシロモノで、正直ちょっと後悔しました。
安田さんが行ってたとおり、悪い夢が見れそうです。

最後は「来年3月の舞台公演で会いましょう!」と
5人そろって深々とおじぎしてくれて終わり。

5人掃けるも、鳴り止まない拍手に答えて再び出てきた5人

「本当にもう何もしゃべることがないんだよ~」と言って
「誰かにアンコールあるとか聞いたの?
 もう、アンコール出ないからね。夜も行く人、内緒にしてね」
といって、もう一度おじぎしてかえって行きました。

安田さんは会場へのサービスに
シゲとモリに担いでもらってはけてくれました。

「大阪が本当に大好きなんです」と言ってくれる安田さんを始め
映像とともにツアーに周り、毎回アフタートークしてくれている
NACSのメンバー、本当にありがとう!

翌日のモバイルCUE(NACS所属事務所のHP)の日記に
堺の宿院にある「ちく満(ちくま)」という蕎麦屋に
モリと大泉とシゲで行ったと出ていました。

このお店、私が堺に住んでいたときによく通っていた
すごく古くからあるおいしいお蕎麦屋さん!
自分が気に入っていたお店に彼らが行ったって事が
なんだかうれしかったです♪

「TEAM NACS FILM TOUR N43」感想【ネタバレ?】

それぞれのフィルムの内容はネタバレになるので
作品を見ての印象を一言ずつ書いておきます。
もしかしたら微妙にネタバレになるかもしれないので、
万が一ネタは知りたくない方がいたら読まないでください。

追記を表示

永遠のスーパー5才児!

ガチャピンがヒマラヤ山脈の登頂に成功したんだって!

子供の時からスゴイ!と思ってたけど
ついにヒマラヤ山脈まで制覇してしまうなんて(O_O)

そのうえ5才!
いつまでも5才!!
数え年でも5才!!!

ガチャピンの手のボールには元気が詰まってるらしいので
あのボールを食べたらドラゴンボールの仙豆なみに
めっちゃ回復するのかも…

いつか、ちぎって食べてみたいです。

お久しぶりの京都です・後編

映画も見終わって満足したので、
京都をぽやんと楽しもうと改めて錦市場を堪能。
本当に錦市場のお惣菜は上品なうえに美味しそう!
三木鶏卵の出し巻き卵とかめっちゃおいしいもんなぁ。

まぐろのヅケやまぐろとイカのカルパッチョが
歩きながらちょこっと食べられるようして売ってたり、
カキを焼いたのが立ち飲みで1個ずつ食べられるようになっていたり…
お昼の三嶋亭のすき焼きがドーンとお腹に来ていたので
ちょこっとつまむ余裕もなく目の保養のみだったので、
今度は「錦を食べ歩くぞ!」と心でこぶしを握り締めておりました。

でも、せっかくの錦なので何か買いたくなって
保存期間が充分な棒だらと鯛の子の煮物のパウチを買いました。
これで今年のお節はおいしい棒だらが食べられます (^^)v

昔は京都に変えるたびに四条烏丸~河原町四条~三条河原町と
L字にガーッと歩いて京都を確認するのを楽しんだものですが、
最近はどこにでもあるお店も増えてきたして
あんまり繁華街なお店の並びを楽しむ気にならない。

それよりのんびり鴨川沿いを京都の空気を味わいながら散歩して
川の向こうに広がる京都の空と山の景色を感じるのが好きになり、
今回も三条京阪から川原に降りて北へとブラブラお散歩しました。

お散歩するいろんなカップルやワンコのお散歩さん、
尺八を練習する外国から来ている金髪の女の子方や
トロンボーンをプップクプーとご機嫌に吹くおじさん、
橋の下ではホームレスの方がおねぎをプランターで栽培してて
ある意味もはやホームレスではない
平和な暮らしを営んでおられました。(^^)

その他、笑顔でお散歩しているワンコや
水面を見つめるニャンコ(フリーの方?)がいたり、
上空ではトンビやカラスやユリカモメの群れが飛び、
川では小魚を取る鷺たち、テコテコ歩くセグロセキレイ、
渡って来始めでまだ数少ないながらプカプカくつろぐ鴨たちがいて、
本当に鴨川沿いはみんな気持ちよく過ごしていました

鴨川沿いには車の往来が多い川端通りがあるのに、
そんな事を全然感じさせない心地よさがあって、
すごくいいなぁって鴨川のよさを改めて実感。

お天気もよかったので機嫌よく歩いていたら
いつのまにか出町柳まで歩いてしまいました

かなり歩いて疲れたけど充分に満足したので
京阪で四条に戻って烏丸まで歩いて志津屋でいつものように
私も旦那さんも大好きなカルネを買っておうちに帰りました。

奈良もこじんまりのんびりしていて好きですが、
京都もやっぱりいいな~特に鴨川がいい←パパンダ風(分かる人はいるかしら?)

お久しぶりの京都です・前編

昨日は京都での映画レディースディ(奈良は火曜日)
チュートリアル徳井さん出演の
映画「天国はまだ遠く」を見に行きました。

チュートリアルを好きになる前から瀬尾まい子さんは
「図書館の神様」ですごく好きになっていたので、
原作好き+徳井さんも見たいな+舞台が京都、という
三拍子そろい踏みが背中を押して見に行くことに決めました。

奈良からわざわざ出て行くとなると、
見逃すのも嫌だし席が前の方でしんどくなるのも嫌なので
ネットで先に席を確保しておきました。
MOVIXはネットで席が取れて便利ですね♪

出かける前日に「おネェMANS」で
京都の三嶋亭のすき焼きが紹介されていたのを見たので、
「よし!京都に行くんだからこれも食べちゃおう♪」と計画。

電車の都合もちょうどよかったので
上映時間より1時間ほど早めに四条に出て
京都大丸の地下食品売り場にある三嶋亭のイートインで
「すき焼き御膳」をいただきました。

この大丸の地下の三嶋亭のイートイン、
本店だと1人前9000円近いすき焼きが1995円!
そんなに量はいらないし、おひとり様だからこれで充分

はじめて食べての感想は、大丸さんでもさすが三嶋亭、
味付けはしっかりついているけど
それに負けないお肉のお味、美味でございました (^0^)

お腹も満たされたので錦市場を目で楽しみながら
上映時間が近づく新京極のMOVIXへ。

ネットで確保しておいたお席の発券をすませて
アイスティー片手に映画鑑賞。

まさに秋のこの時期の自然とともに進む映画だったので
紅葉と冬前の深い緑色の山々が淋しさと生命力の両方を持って
主人公たちを包んでいるのがとてもよかった。

映画の内容は、原作本での自殺を決意した程に追い詰められた
主人公の女の子の最初の暗い気持ちの描写あっさりしていたので、
自然の美しさとその後の主人公の復活する女の子の元気さが
かえって宿の主人の田村さんが淡々と過ごす日々の中に
静かに抱える心の影の深さを覆い隠している事と対比されて
「ある意味、この映画の内面的な主人公は田村やん」と思いました。

原作では女の子の方がしっかり主人公なんだけど、
それは映画監督の捉え方や表現したいものだろうから
それぞれの味があり、という感じでしょうか

映画の感想は書き始めるたらかなり深い所に潜って
がっつり書き込んでしまったのでここでは省略。
違う日記として改めて書くか、あえて書かないかは思案中です。

プレゼン勝負

最近は寒いし、肩こりでお疲れで
お家でまったり過ごしてしまっているので
晩御飯のおかずぐらいしか話題がない生活(^^;)

お昼過ぎになんとなく寝室の羽根布団が目に入り、
「ふわっふわで気持ちよさそう[m:46]」とダイビングしたら
そのまま爆睡してしまい、起きたら真っ暗!

今日はまとめて買出しに行く予定だったので
冷蔵庫はカラッポで食材が無い (0_0)

仕方がないので今日の晩御飯はレトルトカレーとサラダ、
余っていたレトルト牛丼も半人前ずつかけた「牛丼カレー」

「ただいま~」と帰ってきた旦那さんがリビングに入る前に
「今日は『すきや風』もしくは『松屋風』メニューです」と
しょぼいおかずをプレゼンでイメージアップ!

食卓についたので「牛丼カレー」を出したら
DAIGOばりの「確かに(^^)」って事で
アムアムお食事されてました。

晩御飯が手抜きな時は、こういう手を使って
メニューをフォローしています(^^;)

おこた発動!

自分の比較的得意分野に的を絞ったら
予想外にうれしいごほうびがあって
ちょっとご機嫌なシロアジサシです(*^0^*)

今日も寒くて12月初旬並みの気温ということなので
すでに布団はセッティングしていたおこたに
今日から電源を入れ始めました。

暖かい、そして心地いい…(*--*)
ウトウト眠りにいざなわれてしまう魅惑のおこた、
一度入ってしまうと抜け出すのに勇気がいります

まだそんなに寒くないから大丈夫だけど、
今年の冬もこたつガメラになってしまいそうです(^^;)

カポナータ風トマト鍋

携帯が写メを保存しなくなってしまいました(T0T)
新しい電池パックに入れ替えたら直るのかな?
しかし、新しい電池パックは在庫切れで届くのは月末、
携帯のケイ子ちゃんは果たして復活するのか!?と
ドキドキな日々を送る今日この頃の私、

夏の終わり頃に胃が弱ったな~と思った頃から
夕食のメニューの9割が鍋という生活を送っています。

私は同じものを続けて食べるのが嫌な人なので、
手を変え品を変えているうちに鍋レパートリーがかなり増え、
今ではすっかり鍋腹&土鍋ハードユースな日々(^^;)

そんな中でも今年のヒットメニューは「カポナータ風トマト鍋」

カポナータ風トマト鍋

作り方は毎度のことながら簡単&アバウトです。

○カポナータ風トマト鍋(2人前)

1.玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、なす、ズッキーニ、大根、
  その他、根菜類(れんこん、ごぼうなどはあく抜き)
  カポナータに入れるような野菜を厚さ1センチぐらいの
  半月切やいちょう切りなどお鍋な大きさに切ります。
  にんにく3片は多めにみじん切りにします。

2.鶏もも肉は一口大に切って、お酒と塩で下味をつけます。
  ベーコンは2~3センチに切ります。

3.野菜、にんにく、たかの爪、鶏肉、ベーコン、
  トマト1缶を汁ごと(実はつぶす)を土鍋に入れ、
  水分が足りない分はだしの素(またはコンソメ)+水を加えて
  弱火でコトコト30~40分くらい、時々混ぜながら煮込みます。
  じゃがいもだけは溶けてしまうので沸騰してから入れます。

   ※野菜から水分が出て汁があふれそうになった時は
    ボールに取っておき、煮詰まってきたら鍋に戻します。
   ※ゆでたまごを加えるのもアリですよ。
  
4.煮えたら軽く塩、こしょうで味を整えてテーブルへ。

5.食べるときは各自小鉢に取って、
  粉チーズと粗引き黒こしょうを好みの量加えて食べます。

このお鍋のいい所は具を食べてもおいしいうえ、
残ったトマトスープがすごくおいしいのです!

飯と粉チーズを入れておじやにすればトマトチーズリゾット、
翌日にご飯と混ぜてピザチーズを乗せて焼けばトマトドリア、
もちろんスパゲティのトマトソースとしても使えます。

作っておけば家族が時間差で食べる場合でも
それぞれに温めるだけでおいしくいただける便利メニュー。
普通の鍋で作って取り分ければ普通のおかずとしてもOKです。

じっくり煮込んだ野菜のうま味たっぷりのウマウマメニュー、
簡単でとってもおいしいくておススメです(^^)

「ホームレス中学生」と「包帯クラブ」

先日、「ホームレス中学生」と「包帯クラブ」を続けて読みました。

「ホームレス中学生」は姉がかなり前に貸してくれてたのに
本を読む気にならず長らく読まずに放置していたもの。

「包帯クラブ」は誰のブログか忘れたのですが、
本も映画もものすごくイイ!と推薦されていたので以前に買っていたのですが、
天童荒太は重そうだし…と、なかなか読む気になれなかったもの。

徹平くんが映画主演するというので「ホームレス中学生」を読んで、
もう少し何か本を読みたいな…と次に読んだのが「包帯クラブ」
内容を意識して2冊を続けて読んだわけではないのですが、
共通する大きな部分があって流れを感じてしまいました。

バッチフラワーレメディのトラウマを解放してくる
スターオブベツレヘムを飲んでるからかしら?

まさか「ホームレス中学生」に将来に希望が持てず
生きる価値を見失っている時期の話があるなんて
全然思っても見ませんでした。

「包帯クラブ」では小さな心の傷でも
「あなたは傷ついたんだ」と認めてくれている人がいる、
それはその傷を癒すにはすごく小さい事なのかもしれないけど、
傷ついている事を知ってくれた人がいる事が
大きな意味をもたらすんだなぁ…と改めて思いました。

自分が子供の頃に傷ついた時、

周りの人も自分が精一杯で余裕がない状態だったり
タイミングが悪かったり言うに言えなかったり
その思いを遠巻きに知りながらから逃げた大人がいたり、
その思いをひとくくりにして捨てた大人がいたり…

行き場のない絶望とどれだけの年月を共に過ごした事か

今はそれについてはすっかり元気になってるのですが、
「あの時、話を受け止めてくれる大人がいれば…」と
すごくすごく思うのです。

私には子供がいないから未だに親という大人にはなれてないけど
それだからこそ友達の子供のことを甥や姪みたいに思っていて
もし、その子達が親にも言えない気持ちを抱えた時は
大人になれていない分、同じ人間同士として
その子の話を聞いてあげたいなぁ…なんて思うのです。

生活リズム要改善

ここ数ヶ月、就寝時間がすっごい遅くなってます。

原因は寝れないのではなく、寝たくない心(-.-;)毎晩、眠たいんですよ。
寝ようと思えば寝られるんです。
でも、寝ようとすると遊びたくなるのです。

不安がワサワサするから寝たくないのかな?と思って
アグリモニーという不安から目をそらすのを改善する
バッチフラワーレメディを飲んでいたのですが、状況は変わらず。

よく考えれば最近すっかり楽観的で、
特に不安を感じてないやん。

じゃあ何でしょうねぇ…と自分を再検証してみれば
なんてことはない、ただ遊びたい欲を抑えられてないだけ(^^ゞ

しょうがない子ねぇ…と自分に呆れつつ
理性を高めて自分をコントロール出来る様になる
チェリープラムというバッチフラワーレメディを
今飲んでいるボトルに加えました。

レメディの助けも借りる事だし、
いい加減正しい生活リズムを取り戻そうと
節制しようと思います/(^-^)

「四捨五入」ってどうよ?

スガシカオの「フォノスコープ」という曲の

バカにしないで! ただ伝えたいだけ
それ四捨五入したらムダって事?

って歌詞を聞いて改めて
「『四捨五入』ってどうよ?」と
何だか心に残りました。

この歌詞みたいにただ伝えたい小さい事を
四捨五入みたいに切り捨てちゃうのってなんか違うよなぁ…

バッチフラワーレメディのコンサルティングする時、
説明の後に続くラストでうやむやに表現される部分は
小さい事だと思ってはしょって話される事が多いけど、
その部分に大事な鍵になる気持ちが隠れてる。

円周率だって3という整数ではなく、
簡単に描ける円に秘められた膨大に続く神秘的な数だし。

昨日のLiveの後、旦那さんと久しぶりに居酒屋で飲んだ時、
そんな話からの流れで年齢の話になった。

最近around40とか言うけど、
40歳にならないうちから
40歳代に組み込む様な表現を
わざわざしなくていいやん!ていうような内容。
まぁ酔ってましたからねぇ(^^ゞ

それを聞いた旦那さんは
「40歳になって初めて分かる事ってある。
 それは40歳に近い30代では分からない」
と言ってました。

改めてどの様な事かを具体的に聞いてみたら、
彼個人の部分だからここには書かないけど
確かに30代の時と比べて考え方の器がグッと大きくなっていました。

彼の持ってる要素が40歳を越えて
いい形で考え方に組み込まれてたんだなぁ…と感心したので
「旦那さんの事を改めて誇りに思うよ」と伝えておきました。

アバウトなくくりや切り捨てって統計上必要であるだろうけど、
自分や他人の存在や成長や考え方や思いを
四捨五入みたいに簡単にひとまとめにしたり切り捨てたくないなぁ…

そんな事を秋の夜長にふと考えたりしています。

スガシカオLIVE!

今日は奈良で行われたスガシカオのLIVEに行ってきました(^0^)

事前に最新アルバム「FUNKHOLiC」を予習して

私「今回のアルバムは、前より曲調が軽めやね」
夫「でも今回、結構歌詞が病んでるぞ」
私「そやし、曲調を明るくしてバランス取ってるんかな?」

などと今回のアルバムの感想を言いながらLIVE会場に到着。

席は結構後ろかな?と思っていたけど
思っていたよりステージに近くて見やすいイイ席でした(^^)v

最初から今回のアルバムでCM曲などメジャーどころが
タタタンと4曲ほど続いて踊ったり手拍子したり手を振ったり…

「おいおい、バナナの歌で生バナナを手に持って
 振り上げてる子達よ、握りつぶすんじゃないよ~」
と、お姉さん心も持ちつつ楽しみました。

「今日はアコースティックあり、FUNKありの
 あの手この手で楽しませちゃいますからヨロシク[m:87]」

「踊ったり座ってたり、寝られちゃうのは困るけど
 好きに楽しんじゃってください!」

ってことで、無理に振りを合わせたりするのではなく、
気ままに踊ったり、サビで振りをして楽しんだり、
アコースティックタイムではしっとり座って味わったり、
FunkTimeではゴリゴリ感にヒュー♪って言ったりしながら
大人に楽しめるスガシカオLIVEを堪能してきました。

アコースティックでしっとりと歌い上げられる
初期の曲「黄金の月」を聞いて
「ちょっとまじめに取り組む事に手をつけようかな…」
なんて、フッと思ったりもしました。

後半のFunkTimeは久しぶりに踊った踊った!
チョッパーベースがベンベンな鳴るような曲、好きなんです。

怪しい歌詞の曲のところでの紫とピンクの照明が
なんともシカオちゃんによく似合うこと。
曲を聴きながらいつもは茶系列をベースにしているけど
ピンクや紫な色調の服が着たい気持ちになっちゃいました。

アンコールのラストでキーボードオンリーで歌われた
今回のアルバムのラストの曲の「宇宙」
アルバムの作り手としては重要な曲だとの事で
しっとりしっかり聞かせてくれて満足いたしました。

ああ、やっぱり好きなアーティストの生LIVEはいいわ♪

次は11/19のTEAM NACSの「FILM TOUR N43」だ~!


あ、ちなみにスガシカオの「シカオ」は
「鹿のように立派に育つように」の「鹿」ではないとのことです。

Appendix

Profile

シロアジサシ☆

読書、散歩、昼寝、ペットのくーちゃんのかわいさを楽しむ、バードウォッチング、食べ歩き、バッチフラワーレメディ、シンプルでかわいいものチェックなど、日常の小さな事を楽しむ毎日を気ままに綴っています。

Extra

プロフィール

シロアジサシ☆

Author:シロアジサシ☆
読書、散歩、昼寝、ペットのくーちゃんのかわいさを楽しむ、バードウォッチング、食べ歩き、バッチフラワーレメディ、シンプルでかわいいものチェックなど、日常の小さな事を楽しむ毎日を気ままに綴っています。

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

サントリー愛鳥活動

オーラソーマ・タロット

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。