FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶやきばかり

最近は、動ける時はババババと家事を片付け、
それに疲れた日は爆睡&ボーッと過ごすの繰り返し。

前2日ほど動いたので今日はダラダラ日。

家事日はDLしていたナイナイのANNを
ワイヤレスヘッドレストで飛ばして聴きながら
たまった掃除や洗濯などを片付けたりしています。
やっぱり岡村さんはおもしろいです。

ボーッとする日はまず頭の起動が超遅いので
もはや行動が夕方からになり、
寝起きにとりとめのない事をTwitterでつぶやいてみたり、
たまったTVの録画を見て片付けてます。

めっちゃ書きたい事がある時は
本気満載でガッツリ書いたりする方ですが
最近はそんな生活でブログを書くほどの事が無いざます。

つぶやきの方ばかりが増えてくる今日この頃…

あ、急に雷が鳴り始めました!
昨夜乾き切らずに干しておいたシーツを取り込みます!
スポンサーサイト

笑い飯、M-1優勝おめでとう!

今更ですが…笑い飯、M-1優勝おめでとう!

スリムクラブもインパクトすごかったけど、
笑い飯の笑いを過酷な中で育て上げた結果の優勝。

スリムクラブはおもしろかった。
でも、笑い飯は漫才としての充実感を伴っておもしろかった。

今年のM-1を見終わった後は、旦那とお互いに
「今年のM-1はこれでよかったんや」
と何度もひとりごとの様に言い合ってました。

まっちゃんが「笑い飯に取らせてやりたかったんや」
と言った事に、M-1評論している方々が
なんじゃかんじゃ言っていますが…

スリムクラブは「度肝を抜くとんでもない間」という
これまでとは違うすさまじい武器を持って現れたけど、
これまで修羅場を戦い抜いてきた勇者の中には
一騎討ち(パンクブーブーは申し訳ないが無視します)
ギリギリでも勝てる強さが芯に見えたんだと
すっとお笑いと真摯に向き合ってるまっちゃんには
見えたんだと思います。

チュートリアルが以前、ラジオ・キョートリアルで

「M-1は毎年エース級の新ネタを持ってこないといけない。
 それにM-1でやったら、そのネタは他ではできなくなる。
 そんな中で決勝に出続けてる麒麟や笑い飯は
 ホンマ大変やと思うし、偉いと思うわ」って言ってました。

M-1の歴代優勝者の中にはM-1で勝てるネタと
本当に好きな笑いのネタは違うコンビもあります。

チュートリアルが「シンガーソングライター」や「BBQ」を
優勝ネタの「ちりんちりん」より好きなように、
笑い飯も「奈良県立民俗博物館」や「鳥人」より
昨年決勝でドンずべりした「チンポジ」が好きなんと違うかな?

戦いの中で自分を磨くのも大事
自分の好きな笑いを信じてやり続けるのも大事

関西にはずーっと同じようなネタなのに
何回見ても笑わしてくれる師匠方がたくさんいます。
そんな師匠方はきっと後者を続けてきた方達です。

そんなやってる方も見てる方も楽しい漫才をいっぱい見たいです。

歴代M-1王者で一位を決めなくていいから
全員が「自分が一番好きネタやっちゃうよ!」
って形でめっちゃ楽しめる漫才番組してほしいな♪

もしかしたら『M-1王者ツアー』ってあるかもね。
その時にはアンタッチャブルも出て欲しいな…
その前にますだおかだの岡田さん大丈夫かしら(^^;)

コンビニおにぎりの進化


まさかの「玉子かけご飯風おにぎり」発見!
最近のコンビニのおにぎり化技術ってスゴい!

春日若宮おん祭 遷幸の儀

先日の16日の真夜中に春日若宮おん祭の『遷幸の儀』を見に行ってきました。

この『遷幸の儀』は春日大社の若宮の神様が
普段おられる摂社から参道途中のお旅所まで移られる儀式で
神霊を移すために大変古式の作法が伝えられていて
古来より神秘とされているとのこと。

この儀式の間は写真などの撮影はおろか
懐中電灯など一切の人工光を出す事を禁じられ、
参道途中の自動販売機さえも電源が切られ
浄闇の中で執り行われるのです。

この日は春日大社近くまで行く参道には明かりはないので
月明かりの中、春日原生林に囲まれた参道を神社近くへと向かいました。
その夜は半月よりすこし膨らんだぐらいだったので
月の明かりで参道は思ったよりは明るかったです。
それでも途中、横切る鹿が見えずにぶつかりかけました(^^;)


参道途中で待っているうちに儀式の時間になり、
遠く春日大社の方に松明の明かりが見え
「ヲー、ヲー」という何十人もの警蹕(みさき)の声と
楽人達が奏でる笛と笙の音が聞こえてきました。

待っていると、小さな提灯の明かりを持った人の後ろに
神様が渡られる道を作るかの様に神官が2人、
3mぐらいの大松明を引きずってゆっくり歩いてくる。
その後に付いている人がその松明を枝ではたいて
火の粉を落としていくとチラチラと光る火の道が出来る。

その道を40人ぐらいの神官が榊の枝を以て神霊が見えないように
隙間なく十重二十重にお囲みし、
全員が口々に間断なく「ヲー、ヲー」という
警蹕(みさき)の声を発しながら進んでくる。
その後を、楽人たちが静かな曲をを奏でながらお供をしていく。

真っ暗な中に火の粉で作られた道、
不気味なほどに榊の枝で顔を隠し隙間なく並んだ神官、
間断なく響く「ヲー、ヲー」という警蹕(みさき)の声…
コートの端をギュッと握って声も出ずに近づいてくるのを見ていました。

すぐ横をお通りになる時は神社にお参りするように
二礼二拍手一礼でお迎えするのですが、
手を合わさずにはいられないような畏れがあり、
これが本来の「神への畏怖」というものだと実感しました。

101216_231505.jpg
ここが神霊がしばらく移られるお旅所です。

その後、摂社からお旅所までお遷りの若宮様に
朝の御饌をお供えし神楽を奉納する暁祭があったのですが、
遷幸の儀に圧倒されてすっかり満足したので
そのまま「すごかった…」と言いながらお家に帰りました。

いや~、奈良はすごい…
古来の神様はものすごい…

追記を表示

糸井重里さんの言葉

糸井重里さんの言葉って実社会での活動ありきの素直な心の姿勢が見える様で好きなんです。
それと「難しい事をわかりやすく言う」という一番難しい事が出来ている。これって素晴らしい才能だと思います。

で、ついさっき見た糸井重里さんのTwitterにすごくいい言葉があったので転載させていただきます。

【糸井重里さんのツイート】

「やりたいこと」は、いくらでも思いつくだろうけれど、「やれること」はとても少ない。「やらねばならぬこと」を、どんどん背中にのせていったら、なんにもやれなくなってしまう。その人その人が、なんでも「やれるようにやる」のがいいんだと思う。と、おれに言う。

「じぶんにやれることは、たくさんはないので」というのが、なにかをお断りせねばならないときの、いちばんの気持ちです。「やりたくて、しかもやれることで、やりかけのこと」をやっているだけで、けっこうたいへんなんですよ。「しぶしぶちょっとやる」は、よくないんです。

鹿寄せってこんな感じです

先日、奈良公園で行われる鹿寄せを見に行きました。
鹿寄せは9時半に飛火野で行われます。
この飛火野、母子鹿が多い鹿分布的になごやかなエリアです。
時間になって、鹿愛護協会のおにいさんがホルンを吹くと
その音を聞いた鹿がパカランパカランと集まってきます。
遠くからしか撮れてないので動画はイマイチ迫力にかけますが
鹿たちが走ってくる様子は「お~っ!」と声をあげてしまいます。
集まった鹿たちは、鹿愛護協会の方々から餌をもらいます。
一通り終わった後は、餌を食べ足りない小鹿が
チュイ~ンと鳴いてたりしているなごやかさが戻ります。
残念ながら鹿寄せは12/1~12/14までですが、
寒くて餌が少なかったり観光促進に
この冬の間にもまた開催されるかもしれませんね。

ドリームキャッチャー講座

今日はヒーリングサロン∴桜の庭∵で『ドリームキャッチャー☆ワークショップ』に参加してきました。

2011年を目前にした今回のワークショップで作るドリームキャッチャーは
『新しい年をより豊かに切り開いていくための自分だけのイメージやストーリーを祈りを込めて表現していきます』とのこと。



で、これが私が作ったドリームキャッチャーです。
ワークではフェイクの葉を飾りにつけたのですが、帰りにご好意で月桂樹の枝を戴いたので、家に帰ってからそれに付け替えちゃいました(^^ゞ

ネイティブアメリカンの暦では冬至から新年が始まるそうです。

このドリームキャッチャーが新しい年よい夢をもたらしてくれそうでうれしいです(^-^)♪

☆。・:*:・゚'

ドリームキャッチャーは、夢を大切なものと考える ネイティブアメリカンに伝わるお守りです。
いい夢は網目の真ん中を通り、悪い夢は網にからまって日中の光に消えていくといわれています。

にゃんと!

講座で訪れたおうちのニャンコがおいらのコートの内側のモフモフを気に入って爆睡(O_O)




めっちゃ近くからの写メにも動じず(-.-;)




帰る時間になって取り上げたらスネて、壁向いたまま声をかけても振り返いてくませんでした。


奈良公園の朝


朝、飛火野から奈良ホテルを望む。
奈良公園の醍醐味は朝にあるのだ~

冬の空


今日寒かった~。
空がキレイやったけど冬の空。

もうホットカペ(ホットカーペットの愛称)だけでは
乗り切れない寒さが来たのね

今日はとりあえずエアコンでしのぐ。

手なぐさみに…


ペットボトルをカットしたのに余り毛糸でカバーを編んだプチごみ箱。
手元でゴミを捨てられるのはかなり便利。
そして、寒さとともにどんどん動かなくなる私…

五色鹿劇場~雑誌表紙編

「関西の雑誌、秋は奈良特集が多かったね」

「やっぱり『秋は奈良!』で決まりやもんね」

「今年は平城京遷都1300年やったのも大きいね」

「そういや、おれらも雑誌の撮影したよね」

「あの写真、なんと雑誌の表紙になりました!」

「お~っ!」

「さらに特集名は『大人の楽園』」

「おれらカッコイイや~ん♪」

「これがその雑誌か…」



「なかなかイイ感じで写ってるね♪」

「奈良公園で撮影すると雰囲気出るわぁ」

「うん!かっこよさ2割増やね♪」



初めて雑誌の表紙になった自分たちに
思わず見入る五色鹿なのでした(^-^)

結婚式のビデオと空の先輩

結婚してから13年、自分たちの結婚式のビデオを一度も見た事がなかった。

最近、なんとなく前に買ってたビデオをPCに取り込む機械でPCに取り込んでおこう…という気になった。

で今日、データ取り込みながら13年前の結婚式デオを初めて見た。

旦那さん細くて若い!
私も含めてみんな若い!

中にはもう亡くなった方も何人か映っていた。

特に、若くして病気で亡くなった仲良しだった私の1年先輩が、元気にハキハキと流暢にスピーチしている姿を見て胸が熱くなった。

そうか、今日はその先輩の命日か…

先輩…会いたいと思った時に、空の果てを見るしかないのが悲しいです。

豆本を作ってみた

昨年ふざけて書いたネタを少しアレンジして
『五色鹿劇場』で豆本を作ってみた。


楽しいのが出来たが、手間がかかるので量産は厳しいな(^-^;)

おいっ子へのX'masプレゼント

11月初めに弟一家が紅葉見物&かわいい息子披露に実家に来たらしい。

私は会えなかったが母から聞いた話では、
1歳半になったハーフのおいっ子Jが遊ぶ姿がかわいかったらしい。

そんなん聞いたら、ちょっと成長したJと遊んでみたくなる。

そこで、お正月まで会えないならせめて…と
Jに早めのX'masプレゼントを送る事にした。


最初は車の絵本だけを送るつもりで準備していた…

すると、送付準備中という絶妙なタイミングで
その絵本に出て来る車のおもちゃと激似の出会ってしまった!


それも3台も!さらにかなりお安い(☆_☆)

売り場で悩む事30分、そして出した結論は…
「やっぱり3台そろってこそカワイイ!」
結局、個人の趣味的誘惑に負けて3台とも買って送ってしまったf^_^;

しかし、これは子供に一度に渡すには多過ぎるプレゼントの量だ
教育上悪い!と私に厳しい弟に怒られるかもしれない(-_-;)

そこで一計を案じて、荷物に手紙を添える事にしました。

「なんなら絵本だけ先に渡して、
 おもちゃはX'masイヴに枕元に置いてあげてね♪」

プレゼント、Jが気に入ってくれたらいいなぁ…(^-^;)

てんとう虫のサンバ

この前、たまたま『てんとう虫のサンバ』を耳にした。

昔、結婚式でこの歌を新婦側の友達が歌うっていうのがよくあったらしいけど、歌詞を考えたら…

結婚式で友達のてんとう虫がサンバのリズムで踊り出すって…かなりファンキーな結婚式やと思う

ホィッスル吹きながら友達がしゃしゃり出て来てサンバのリズムで踊り出す結婚式…盛り上がっておもしろいやろうなぁ。

でも私は友達の結婚式でサンバは踊る勇気は無いです

Appendix

Profile

シロアジサシ☆

読書、散歩、昼寝、ペットのくーちゃんのかわいさを楽しむ、バードウォッチング、食べ歩き、バッチフラワーレメディ、シンプルでかわいいものチェックなど、日常の小さな事を楽しむ毎日を気ままに綴っています。

Extra

プロフィール

シロアジサシ☆

Author:シロアジサシ☆
読書、散歩、昼寝、ペットのくーちゃんのかわいさを楽しむ、バードウォッチング、食べ歩き、バッチフラワーレメディ、シンプルでかわいいものチェックなど、日常の小さな事を楽しむ毎日を気ままに綴っています。

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

サントリー愛鳥活動

オーラソーマ・タロット

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。